2019年 9月 18日 (水)

【日韓経済戦争】疑惑のタマネギ男「検察が捜査すると反乱が起こる?」「追及記者56人の実名がネットでさらされる」韓国紙で読み解く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近中の側近で、疑惑の「タマネギ男」と呼ばれるチョ・グク氏(54)の法務部長官(法相)任命問題が韓国を揺るがせている。

   「日韓問題」などすっかり吹き飛んでしまった格好だが、疑惑を追及してきた記者たちが、ネットで実名をさらされて攻撃されているという。いったいどういうことか。韓国紙から読み解くと――。

  • チョ・グク氏追及の急先鋒ナ・ギョンウォン議員(本人のフェイスブックより)
    チョ・グク氏追及の急先鋒ナ・ギョンウォン議員(本人のフェイスブックより)

「チョ・グクを追及した『美人すぎる議員』を召喚しろ」

   J-CAST会社ウォッチ編集部は、チョ・グク次期法務部長官候補(54)の11時間に及ぶ「釈明記者会見」(正確には『記者会見』)の模様を2019年9月4日付「【日韓経済戦争】疑惑の『タマネギ男』法相任命を強行する文大統領 その『吉凶』を韓国紙で読み解く」で報じた。

   ところが、「記者懇談会」でチョ・グク氏の疑惑を追及した記者たちが現在、ネットで糾弾されているのだ。中央日報(2019年9月5日付)コラム「噴水台:韓国言論と晒(さら)し刑」がこう伝えている。

「チョ・グク氏の記者懇談会の翌日である9月3日、韓国ポータルサイト『DAUM』」のリアルタイム検索語1位は『謹弔韓国言論』だった。先月(8月)27日『チョ・グク頑張ってください』を筆頭に、『偽ニュース、アウト』(28日)→『韓国言論死亡』(29日)→『法の通りに任命』(30日)など親文支持層(文大統領支持者)が検索語を上位にのせた。検察が9月3日、東洋(トンヤン)大学を押収捜索すると、直ちに『見ている、政治検察』が検索語上位にのぼり、4日には『ナ・ギョンウォン召喚調査』が1位になった」

   チョ・グク氏の疑惑報道が過熱するにつれ、「フェイクニュースだ」としてメディアや検察を批判する文在寅(ムン・ジェイン)政権支持層の声がネット上にあふれたというわけだ。

   ちなみに、最後に「召喚しろ」として登場したナ・ギョンウォン氏(55)とは、チョ・グク氏追及の急先鋒である最大野党・自由韓国党の院内総務(ナンバーツー)のこと。「美人すぎる議員」と言われて、韓国政界ではアイドル的存在だ。政治討論会では次々と相手を論破、あざ笑うことから「氷姫」の異名もある。

   2015年3月に中国の劉建超外務次官補(当時)がナ氏と会談した際、大勢の報道陣を前に「われわれ2人が記者会見をすれば、記者はみんなあなたに会いたがるのでは? 美人でいらっしゃる」と嘆息して、脚光を浴びた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中