2021年 6月 22日 (火)

必殺「呪い返し」の術! なんとなく、うまくいかない人たちには原因があった

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

自分の声に従うことが大切

   現代では、親や上司、先輩たちの言うことをよく聞いて、嫌われないように気を遣いながら仕事をしている人がたくさんいます。

   一方で、月曜日の朝から、元気ハツラツに充実した日々を過ごしている人もいます。「不満をかかえてガマンして生きる人」と、「人生を楽しく明るく生きる人」。同じ社会にいながら、なぜこのようなギャップが生まれるのでしょうか。八木さんは、それはたった一つのことだと言います。

   才能や能力の差でも学歴の差でもありません。生まれた家や外見でもない。それは「自分の声に従っているか」どうかです。

   自分の声とは腹の底にある叡智であり、自分のメッセージのこと。それを「超直感」と名付けています。

   本書では、縁起やジンクス、感覚など、言葉で説明しにくいものを、わかりやすく丁寧に紐解いています。八木さんは、27万部を突破した「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」(サンマーク出版)の著者としても知られています。社会心理学者が考える超直感の原点とは。アンテナの張り方やタイミングを逃さないためにはどうすべきか?

   この機会にお試しください。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中