2020年 10月 21日 (水)

「仕事は振られてなんぼ」「無茶ぶり」をどうこなすかで人の真価がわかる(高城幸司)

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   よくよく振り返ってみると、自分の仕事はほとんど誰かから「振られた」ものです。たとえば、

「手が足りないから、ここだけ手伝って」

と、同僚から振られた会議の議事録の書記の仕事も、もとはといえば上司から振られた仕事のはずです。組織の中で働く人、場合によっては独立して働いている人でも、1日の多くは「振られた仕事」をこなすことに、時間を費やしているはずなのです。

  • 無茶ぶりはイヤかもしれないけれど……
    無茶ぶりはイヤかもしれないけれど……
  • 無茶ぶりはイヤかもしれないけれど……

上司に突然、会議の司会を頼まれたら......

   たとえば、営業部門であれば、売り上げ目標を達成しなければなりませんし、担当しているお客さまからの頼まれごとも多いことでしょう。総務や管理部門でも、自分のやる仕事の範囲は、自分だけで決めるわけではありません。会社の誰か、たいていは上司から「この仕事をやりなさい」と指示をされている=振られているはずです。こうした「振り」も、急な振りを「無茶ぶり」と言います。

   たとえば、

「そんな急に言われても困ります!何を言い出すのですか」

と、お笑いで相方や他人に対して打ち合わせなしにボケるよう振ること、あるいは不可能と思われる事柄を実行するように振るのが無茶ぶりです。

   テレビで芸人たちが、「どうにかしてそれをやろう」と悪戦苦闘するような姿を笑ったことが、誰でもあるのではないでしょうか。

   ビジネスの世界でも、頻繁に行われています。たとえば、やったことがない会議の司会を突然に「あなたにやって欲しい」と指名する上司と戸惑う部下。あるいは「明日から入社してくる後輩の面倒をよろしくお願いしたい」と、急に育成担当を任されて驚く先輩社員たち。

   そんな無茶ぶりに、「責任転嫁ではないか」とネガティブな意見を持つ人もたくさんいます。しかし、そこは無茶ぶりを巧みに駆使することで、仕事の幅が広がる、振られた人もトクする可能性が大きいと考えることはできないでしょうか。

   無茶ぶりを、いかにさばいていくか――。そのときに、大事なことは「どの仕事を自分がすべきか」と仕分けして、それ以外の仕事を誰かに任せるというのではなく、無茶ぶりに応えられる能力を持つことが重要と考えます。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中