2019年 12月 13日 (金)

【日韓経済戦争】「不買運動」日本企業の被害は韓国企業の9倍!? オンワードも撤退

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本が2019年7月4日に韓国に対して輸出規制強化を打ち出してから10月11日で100日目を迎える。韓国では各種統計機関が相次いで「日韓経済戦争100日」の影響調査を発表している。

   どれもこれも日本製品不買運動が日本企業ばかりか、韓国企業にまでダメージを与えているという報告ばかりだが、日本側のほうに分が悪い内容が目立つ。折しもアパレル大手のオンワードが韓国撤退を発表。次の企業がどこかに、注目が集まる。韓国紙から読み解くと――。

  • 日本製品不買運動のパフォーマンスで破壊された日本車(聯合ニュース10月4日付より)
    日本製品不買運動のパフォーマンスで破壊された日本車(聯合ニュース10月4日付より)

「旭日旗」のデザインがアサヒビールの命取りに

   特に打撃が深刻なのが日本車と日本製ビールだ。聯合ニュース(2019年10月4日付)「9月の日本車販売6割減 不買運動影響さらに拡大」が、こう伝える。

「韓国輸入自動車協会(KAIDA)が10月4日発表した統計資料によると、韓国で9月に新規登録された日本ブランドの乗用車は1103台で、前年同月(2744台)に比べ59.8%減少した。日本製品の不買運動が始まった7月(2674台)は17.2%減だったが、8月(1398台)には56.9%まで減少幅が拡大し、9月も同様の傾向が続いた」

   9月のブランド別の日本車販売台数では、好調なのはレクサス(トヨタ自動車)の469台だけで、前年同月比49.8%増加した(編集部注;韓国ではレクサスとトヨタは別ブランド、同様にインフィニティと日産も別ブランド)。他のブランドの惨状がすさまじく、トヨタは374台で前年同月比61.9%減、ホンダは166台で82.2%減、インフィニティ(日産自動車)は48台で69.2%減、日産は46台で87.2%減というありさまだった。

   ビールも目も当てられない状態だ。中央日報(10月6日付)「韓国、日本不買運動で日本ビールのシェア2か月で急落」が独自調査として、こう伝える。

「韓国の輸入ビール市場で16%を占めていた日本産ビールがわずか2か月で(10分の1以下の)1.5%にシェアが急落した。中央日報は日本製品不買運動が広がった7月から3か月間にわたり、輸入ビール市場で120種類の輸入製品が占める割合と順位を調査した。この3か月間の輸入ビール販売量を分析した結果、日本産ビールのシェアが急減したことがわかった」

   その結果は、こうだ。7月まで韓国で最も多く売れた上位10ブランドの輸入ビールのうちアサヒ、キリン、サッポロの3ブランドが日本産だった。だがアサヒが1位から36位と30位圏外に押し出された。アサヒは「戦犯旗」(編集部注:旭日旗)を自社ビールのデザインに使った点が命取りになった。また、キリンが9位から53位に、サッポロが10位から56位と50位圏外に落ち込んだ。21位だったサントリーも64位となったというから、すさまじい凋落だ。

   中央日報はこう続ける。

「日本ビールの売れ行き不調で『クラウド』や『カス』など韓国産ビールが恩恵を得た。7月までコンビニで販売されたビールのうち39.6%を占めた韓国産ビールは、8月には48.7%と10ポイント近く上昇した。日本製品不買運動が広がる前までの4年間、韓国産ビールは年を追うごとにコンビニでの売り上げ比率が下落傾向だったが、反騰の契機を設けた格好だ。淑明女子大学経営学科のソ・ヨング教授は『輸入ビールのような飲料市場は消費者の好みが早く変わる特性があり、代替材が豊富だから、一度1位から退けば再び消費者に選択されるのは容易でない』と予想した」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中