2019年 11月 15日 (金)

【日韓経済戦争】ユニクロ柳井会長「日本は最悪、韓国が反日になるのも分かる」に躍り上がった韓国メディア 発言の真意は?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   韓国で不買運動のやり玉にあがっている「ユニクロ」の柳井正会長が「日本は最悪、韓国が反日なのは分かる」と発言したとして、韓国紙で大々的に取り上げられている。

   日本の経済誌「日経ビジネス」(2019年10月14日号)のインタビューの中での発言だが、そこだけクローズアップされた形だ。いったいどういうことか。韓国紙で読み解くと――。

  • ユニクロ会長「韓国が反日なのは分かる」と報じる中央日報(10月17日付)
    ユニクロ会長「韓国が反日なのは分かる」と報じる中央日報(10月17日付)

日経ビジネスに載った安倍政権猛批判インタビュー

   韓国メディアで話題になっているのは、「日経ビジネス」に載ったカジュアルウェア大手「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長のインタビュー記事だ。

   「目覚めるニッポン ファーストリテイリング柳井氏の怒り『このままでは日本は滅びる』」というタイトルの記事で、政治的な発言を控える経営者が増えるなか、柳井氏はあえて企業経営から政治まで大胆な大改革を訴え、安倍政権を痛烈に批判している。

たとえば、安倍政権が今国会の目玉にしている憲法改正については、

「憲法改正よりも米国の属国にならないことのほうが重要だ。日米地位協定の改正のほうが将来よほど必要だ。トランプ大統領が勝手なことを言い、それに追従している。こんなのはあり得ません」

と批判し、アベノミクスについても、

「成功したのは株価だけでしょう。株価というのは国の金を費やせばどうにでもなるんですよ。それ以外に成功したものがどこにあるんでしょうか」

と、バッサリ切って捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中