2020年 12月 4日 (金)

「ラグビーの仕事数」急上昇 人気を証明、なんと5年前の140倍 テニス、バスケを抜き去る

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ラグビーW杯で日本代表が史上初のベスト8進出を果たし、ラグビー人気がかつてなく盛り上がっているが、それとともにラグビーに関する仕事もウナギ登りに増えている。

   なんと、この5年間で「ラグビーの仕事数」が約140倍にも急増していることが、世界No.1の求人検索エンジン「Indeed」(インディード)の日本法人「インディード・ジャパン」の調査でわかった。

  • 予選プールの試合終了後、勝利を喜んで円陣を組む日本代表
    予選プールの試合終了後、勝利を喜んで円陣を組む日本代表
  • 予選プールの試合終了後、勝利を喜んで円陣を組む日本代表

W杯運営スタッフ、クラブハウスの調理師など多彩

   調査は、ラグビーW杯の日本開催と日本代表の躍進によってラグビー人気が高まっているのを機に、検索件数をデータにラグビーをはじめとする「スポーツに関する仕事」を調べた。

   調査期間は、2014年10月から2019年9月の5年間。調査対象のスポーツは、ラグビーのほかに、最近NBAの八村塁選手など日本人の活躍で人気が高まっている「バスケットボール」と大坂なおみ選手や錦織圭選手が活躍する「テニス」、そして個人で取り組むことができる健康スポーツとして根強い人気がある「マラソン・ランニング」「登山」の計5つ。それぞれの種目の「仕事検索数」や「仕事数の推移」を比較した。

   「仕事数」とは、たとえば直近1年間の「ラグビー」に関する仕事の内容を確認すると、「ラグビーW杯の運営・受付スタッフ」「ラグビーデータ分析」「ラグビーショップ・スタッフ」「ラグビーチームクラブハウスの調理師」などがあり、内容は多岐にわたった。

   その結果、「ラグビーの仕事検索数」はW杯開催を控えた2019年6月を起点に急増。6月には5年前の20.6倍、7月には26.2倍、8月には40.0倍となり、大会が始まった9月には63.6倍にまで増加した。

   「ラグビーの仕事数」も同様に、W杯開催を前に急増。6月には一気に増加し、5年前の121.0倍に。8月には113.9倍とやや下がったが、W杯が始まった9月には138.8倍にまで達した=図1参照

(図1)ラグビーの仕事検索数と仕事数の推移
(図1)ラグビーの仕事検索数と仕事数の推移
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中