2020年 9月 21日 (月)

「即位の礼」海外メディアはどんな英語で表現した? 皇室ネタで英会話を学ぼう(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   天皇陛下の即位を国内外に知らしめる儀式「即位の礼」が執り行われました。まるで平安絵巻を彷彿させるような古式ゆかしき式典に、海外メディアも大注目! せっかくの歴史的なイベントを、英語で語ってみませんか?

   さまざまなニュースな英語の中から、「会話」で使える、アウトプットな英語をお伝えします。第1弾は「即位の礼」です。

  • 皇居では「即位の礼」が厳かに執り行われた
    皇居では「即位の礼」が厳かに執り行われた
  • 皇居では「即位の礼」が厳かに執り行われた

「即位の礼」を英語で言うと?

   まずは、基本の「キ」となる英語から。「即位の礼」は英語で、どう言えばいいのでしょうか? 海外メディアで目立ったのは、次の表現です。

the enthronement ceremony
(即位の式典)
enthronement:即位

the ceremony of accession
(就任・即位の式典)
accession:就任、即位

   なかには「The Sokui no Rei」とローマ字表記で伝えているメディアもありましたが、外国の方に伝える時は、「The Sokui no Rei , or the enthronement ceremony」(即位の礼、つまり即位の儀式)「or」を使って言い換えてあげると親切でしょう。「enthronement」「accession」は、いずれも「即位」を意味する英単語で、どちらを使っても意味はほとんど変わりません。ご自身が覚えやすいほうを選んで下さい。

   次に、「即位の礼」とはどんなものなのか。最も簡単に説明すると、次のようになります。

Japan's emperor proclaims enthronement
(日本の天皇が、即位を宣言する)
proclaim:宣言する

   これだけでも十分に伝わりますが、もう少し詳しく伝えたい方は、「雰囲気」や「時」をプラスしてみましょう。

Japan's emperor proclaims enthronement in ancient ceremony
(日本の天皇が、古来の儀式で即位を宣言する)
ancient:古来の、旧式の

Japan's emperor proclaims enthronement in ancient ceremony on Tue October 22 2019
(日本の天皇が、2019年10月22日火曜日に、古来の儀式で即位を宣言する)

   このように英語では、「~する」と簡潔に言ってから、「どこで」「どんな雰囲気で」「いつ」といった情報を後ろに継ぎ足していきます。

   日本語の語順とは異なりますが、慣れるととても合理的です。まずはシンプルな英語で結論を伝えることを優先しましょう。「時」や「場所」は「おまけ」と割り切って、慣れてきたら追加すればいいでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中