2020年 8月 8日 (土)

「リファラル転職」ミドルの66%「誘われた」経験あり でも半数が選考を受けない、そのワケは?

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   人材不足を背景に、企業が社員の紹介を通じて人材を採用する「リファラル採用」「リファラル転職」への注目が高まっている。

   人材サービス大手のエン・ジャパンによると、運営するミドル世代のための転職サイト「ミドルの転職」で35歳以上の利用者を対象に「リファラル転職」について調査したところ、約2000人の回答者のうち、66%が友人や知人から転職を誘われた経験があり、75%が「リファラル転職をしたいと思う」と答えたことがわかった。2019年10月21日の発表。

  • ミドルは「リファレル転職」希望が多数派?
    ミドルは「リファレル転職」希望が多数派?
  • ミドルは「リファレル転職」希望が多数派?

リファラル転職で目指せ年収1000万円!?

   「リファラル(referral)」は英語で、「求職者の紹介、推薦」などの意味。調査によると、「これまでに友人・知人から『自社に来ないか?』と誘われたことがあるか?」の問いに、66%が「ある」と回答した。

   業種別で「ある」と回答した割合が高かったのは、「コンサルティング」(79%)、「IT・インターネット・ゲーム」(77%)、「建設・不動産」(76%)だった。最も低い「メーカー」でも、57%が「ある」と答えており、知人などのネットワークを通じたスカウティングが盛んなことがうかがえる。

kaisha_20191023184720.jpg

   誘われたことが「ある」と回答した人に、その相手について聞いたところ、最も多いのは「取引先の担当者」の31%。次いで、「元同僚」(28%)、「元上司」(18%)、「学生時代からの友人」(10%)の順。

   調査では、回答者に年収について「1000万円以上」か「1000万円未満」か聞いたが、スカウトした相手が「元同僚」と「元上司」の場合に、回答者の年収は「1000万円以上」が「1000万円未満」を上回った。「元同僚」は「1000万円以上」が31%だったのに対して「1000万円未満」は27%。「元上司」では「1000万円以上」が20%、「1000万円未満」が18%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中