2020年 10月 21日 (水)

本好き必見! カリスマ書店員の仕事ぶりを知りたくない?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

出版希望者が増えている現状

   全国出版協会によると、2018年の本の推定販売金額は、前年比5.7%減の1兆2921億円で、14年連続のマイナスとなることが明らかになりました。児童書、ビジネス書が前年並みでしたが、文芸、実用、文庫、新書など主要ジャンルがマイナスとなり、前年を下回りました。

   市場のピークとされる、1996年の2兆6563億円から、約6割に落ち込んだことを意味しています。

   市場は斜陽ではあるものの、出版希望者は増加傾向にあります。とくにビジネスを指南するビジネス書の市場は活性化しつつあります。サラリーマンや主婦の書いたビジネス書がベストセラーになるなど、プレゼンスの高さに注目が集まっています。

   最初に、著者候補は商業出版を目指すことになりますが、ハードルは低くありません。商業出版は出版社にとって投資になり、数百万円の費用がかかるためです。これを実現するには、投資分の回収と、さらに利益が見込めると思わせることが必要になります。

   最近では、商業出版スクールや出版コンサルが乱立状態です。出版を保障していないことからトラブルが多く注意が必要です。

   いまの時代は、出版しても売れる保証はないから、出版社の判断も早いです。重版率は1割程度ともいわれています。そのため、著者になる人は応援されるネットワーク形成も必要になります。

   私がいずれセミナーで話したい内容。それは「出版業界をおおっぴらにした話」かもしれません。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中