2019年 11月 15日 (金)

「歓迎会したら、すぐ送別会」!?「ブラック企業」と感じる3大理由は「労働時間」「賃金」「上司・経営者」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「長時間労働」「低賃金」「尊敬できない上司・経営者」―― これらがブラック企業の3大要素だ。システム開発、ITコンサルティングなどを手がけるロックシステム(大阪市)の調査でわかった。

   同社は、IT業界について指摘される「キツイ」労働環境の改善に取り組んでおり、「ブラック企業をやっつけろ!!」などとホームページで発信している。

  • 都市部でブラック企業の割合が高い(写真はイメージ)
    都市部でブラック企業の割合が高い(写真はイメージ)

大都市で「ブラック割合」が高い傾向

   全国1000人の男女に対して行った「ブラック企業に関するオンラインアンケート」。それによると、労働者が企業について「ブラック」だと思う理由は、大別して「給与・手当等に関するもの」(37%)「働く時間に関するもの」(36%)「上司に関するもの」(16%)の3つ。

   寄せられた答えには、それぞれについて例があげられた。賃金については、サービス残業の押し付け、仕事量が増えても給料が変わらないなど「納得できない低い給与」。勤務時間については、残業や休日出勤が絶えない「異常に長い労働時間」。そして、「上司・経営者に関するもの」では「1日14時間労働だから」などの発言、業務手当がない事務作業の押し付けがあるという。

   上司・経営者のブラックぶりでは、「パワハラがひどく、辞めていく人が多い。歓迎会をしたらすぐに送別会」という声もあった。

   回答者のうち、「自分の働く企業がブラック企業である」と思っている人は全体の約10%と、10人に1人の割合でブラック企業に勤務しているのが「実状」。都道府県別でみると、神奈川県(回答者96人中15人)、東京都(同161人中14人)、大阪府(同74人中8人)など、都市部の回答者にブラック企業だと思う人の割合が多かった。また男女別では、女性は女性全体の12.84%、男性は男性全体の8.49%が「ブラックと感じる」と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中