2021年 9月 21日 (火)

高級ブランドLVMHの米ティファニー買収 株価上昇でわかった「マーケット英語」はカンタン!(井津川倫子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「本命」はティファニーではなく、あのブランド?

   LVMHは、クリスチャン・ディオールやブルガリといった高級服飾や宝飾ブランドだけではなく、高級時計の「タグ・ホイヤー」や「ドン・ペリニヨン」といった酒類など、世界中の高級ブランドを傘下に収めている高級ブランド界の「超巨人」です。

   業績も絶好調で、オーナーのベルナール・アルノー氏は、フランスで一番の大金持ちだといわれています。

   「高級ブランド界の超巨人」で、誰もが認める「勝ち組」のLVMHがなぜ、ティファニーに狙いを定めたのか――。じつは、「本命」は他のブランドだったというから驚きです。

   報道によると、LVMHが本当に欲しかったのは、一族経営のエルメスやシャネルでした。数年前には、シャネルの買収に乗り出したものの失敗。高級時計ブランドの「ロレックス」は上場していないので手が出せない。そんななか、中国との貿易戦争の影響で株価が下がっていたティファニーが恰好の買収ターゲットになった、というのです。

   さらに、米国マーケットに本格的に参入したいLVMHにとって、ティファニー買収は最高の足掛かりになる、という計算も背景にあります。しかも、この「モノが売れない」時代に、宝飾品の売り上げだけは世界的に伸びているというのですから、LVMHとしては何とかしてティファニーを手に入れたいことでしょう。

   当のティファニーは、LVMHからの提案を「吟味している」ことを認めました。

Tiffany confirmed that it is reviewing a proposal from LVMH
(ティファニーは、LVMHからの提案を吟味していると認めた)
confirm:認める
review:見直す、吟味する
proposal:提案

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中