2019年 12月 15日 (日)

朝ドラ「スカーレット」 リアルな女性の「自立物語」にビジネスパーソンが称賛

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   戸田恵梨香さんがヒロインを務めるNHKの連続テレビ小説「スカーレット」。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性初の陶芸家を目指す物語だ。

   ドラマはまだ、陶芸家の夢のスタート地点にも立っていない段階だが、夢に向かって一直線に突き進むヒロインの姿に、

「励まされて元気をもらえる」
「女性の職業自立をリアルに描いている」

と称賛の声が上がっている。

   ビジネスパーソンをも引き付ける魅力を探ると――。

  • 「スカーレット」ヒロイン喜美子をビジネスパーソンが応援!(NHK番組ホームページより)
    「スカーレット」ヒロイン喜美子をビジネスパーソンが応援!(NHK番組ホームページより)

「なつぞら」のイージーさに比べ、現実の厳しさがリアル

   インターネット上の番組感想の声の中で多いのは、「スカーレット」のヒロイン喜美子(戸田恵梨香さん)と、前作の朝ドラ「なつぞら」のヒロインなつ(広瀬すずさん)との比較だ。

   二人とも絵を描くのが好きだという点で共通している。しかし、なつが周囲の人々に助けられ、とんとん拍子でアニメーターの道を進んだのに比べ、喜美子のほうは挫折の連続だ。

   家は貧しく、父親は飲んだくれで、借金の山ばかりつくる。喜美子の収入をあてにしているくせに、「女に夢は必要ない!」と勝手にお見合い話を持ち込んできたりする。2019年11月13日放送では、早くも信楽焼の絵付け師になる夢を断念させられた。

   だから、こんな声が相次いでいる。

「なつぞらの、酪農も好きだけど、ホントは東京で漫画映画やりたいんだよね~と思っていたら、偶然にも友だちのお兄さんが漫画映画の会社で働いていた。入社試験受けたら受かっちゃって、最初はつまんない塗り絵みたいなことやらされていたけど、社内で力のあるおじさんに気に入られたものだから、あれよあれよという間に女性初の作画監督になっちゃった。
わ~いわ~いという感じだった前作からの落差の激しさよ。喜美子はまだ、自分の夢を見ることさえしていない。そのスタート位置につくまでの段階をこれでもかというほど丁寧に描いている。不満そうな顔も、不機嫌な態度もとらず、すべてを納得して精一杯生きている喜美子の物語を応援せずにはいられない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中