2019年 12月 16日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】株もドル円も一進一退、予断許さぬ米中協議(11月18日~22日)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   米中貿易協議は、前向きなニュースと後向きなニュースが交錯して一進一退。予断を許さない状況が続いている。それでも、米中両国の歩み寄りへの期待感は高まり、心理的な節目として働いている2万3000円を下値に、上を目指す。

   一方、外国為替市場でドル円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が、議会証言で政策金利を当面据え置く考えがあることを示唆。リスク回避的なドル売り・円買いは抑制されるとみられてはいるが、利下げの打ち止め観測は後退していない。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米中貿易協議のゆくえが気になる……
    米中貿易協議のゆくえが気になる……

東京株式市場 アジア株の軟調響く

日経平均株価予想レンジ:2万3000円~2万3800円

   2019年11月15日(金)終値 2万3303円32銭

   今週の日経平均株価は、強含みもみあいが予想される。

   前週の日経平均株価は、6週間ぶりに反落した。おおむね横バイ圏での動きだったが、力強い上昇は一服となった。トランプ米大統領が米中貿易協議に関して、現時点での合意を否定したことが嫌気された。また、香港のデモ激化による政情不安により、アジア株が軟調に推移したことも影響した。

   今週の日経平均株価は、2万3000円を下値に強含み、もみ合いが予想される。米中貿易協議の進展次第では、2万4000円を目指す展開もありそうだ。今週は経済政策やイベントが少なく、注目材料に乏しいが、香港の政情については注意が必要となりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中