2019年 12月 10日 (火)

【日韓経済戦争】衝撃! 韓国向けビール輸出ついに「ゼロ」 不買運動がまったく収まらない理由は?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本の財務省は2019年11月28日、貿易統計を発表して、今年10月の韓国向けビール輸出額が「ゼロ」になったことを明らかにした。

   もちろん、前代未聞の数字である。なぜ、いっこうに韓国の不買運動が収まろうとしないのか。韓国紙で読み解くと――。

  • 不買運動で価格引き上げに追い込まれた日本ビール(聯合ニュース11月5日付)
    不買運動で価格引き上げに追い込まれた日本ビール(聯合ニュース11月5日付)

人気都市の大阪1位、福岡2位、東京4位...... が全部圏外に

   ついに輸出が「ゼロ」という衝撃的なニュースを伝えるのは、朝日新聞(2019年11月28日付)「韓国向けビールの輸出がゼロに 日本製の不買運動影響か」だ。

「財務省が11月28日発表した貿易統計の確報によると、韓国向けビールの輸出が10月はゼロ(円)となった。前年(2018年)同月は数量で824万リットル、金額ベースで約8億円を出荷していた。日韓関係の悪化を受け、韓国で巻き起こっている日本製品の『不買運動』が影響したようだ」

   日本のビールメーカーにとって、韓国はこれまで最大の輸出先だった。また、韓国内でも日本ビールはつねに外国産ビールのトップを独占していた。

   それが今年7月、日本の輸出規制が始まって以来、日本車、日本食品、ユニクロ製品などと並んで「不買運動」のやり玉にあがった。9月以降はスーパーやコンビニなどで日本ビールを置く店舗がほとんどなくなり、納品価格の大幅な引き下げも行ったが、打つ手に窮した。

   唯一、日本ビールを出す和食系居酒屋も攻撃の対象にされ、閉店に追い込まれるところが続出するありさま。

   こうして日本ビールの輸出額は、8月には前年比92%減、9月には同99.9%減のわずか58万円に激減するありさまだったから、「ゼロ円」になるのは時間の問題だったわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中