2020年 3月 28日 (土)

なんと! 7割の主婦が「実感なし」 「働き方改革」なのに、ちっとも働きやすくなってない

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   政府が大号令をかける「働き方改革」。残業時間の削減や有給休暇の取得などに取り組む企業が増えて、就労環境はかなり改善されているように思えるが、じつは仕事と家庭を両立して働く女性に、「2019年は前年より働きやすくなった実感があるか」と聞いたところ、「ない」と答えた人が、なんと全体の約7割にのぼることがわかった。

   主婦に特化した人材サービスのしゅふJOB総研が、働く主婦725人を対象に調査。2019年12月6日に発表した。

  • 働きやすくなった実感は薄く……
    働きやすくなった実感は薄く……

「働く女性が増えた」ことを実感

   調査によると、2019年を振り返って、「2018年より女性が働きやすくなった実感があるか」の問いに、「ある」と回答した人は全体の約3割、30.3%にとどまった。69.7%の女性は、「働きやすくなった」という実感が「ない」と回答した。

   また「働きやすくなった実感がある」と答えた人に、その理由を聞くと「働く女性が増えてきた」と答えた人は65.0%、「産育休や在宅勤務などの制度が充実してきた」が44.1%。「職場や社会の理解が進んできた」は43.2%、「家族の理解が進んできた」が25.9%、「女性管理職の数が増えてきた」は16.8%となっている。

   次に、「2019年は、女性が働くことについて、どのような年だったと思うか」を聞いたところ、「転職や独立、在宅ワークなど、これまでより自由にキャリアを選べるようになった年」という人は、全体の約4割で38.2%だった。これを直近3か年で比較すると、2017年は32.5%、18年は36.9%と年々増加している。

   その一方で、27.2%の人が「保育園不足やマタハラなど、働き続けることがこれまでより難しくなった年」と答えた。こちらは、17年の32.2%、18年の33.8%より減少しており、改善がうかがえる。

   また、「企業が女性が働くことの価値をより認めるようになった年」が19.7%、「出産後も働き続けられるような環境が、より整うようになった年」は17.2%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中