2020年 10月 20日 (火)

迷える人、必読! TDLのスゴイ「DNA」 働くあなたは試されている!

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   彼女にミッキーマウスと一緒の写真を撮ってあげたい? そんな軽い気持ちでアルバイトを始めた高校生がディズニーランドの文化、キャストの先輩たちの姿勢、ウォルト・ディズニーの教えを学び変わっていきます。

   「ミーティングとは話し合いでなにかを決めること。評論家はいらないんだ」。東京ディズニーランドのアルバイトを通して、ヤンキー少年が社会人として成長し、さらに企業研修を教えるまでになった体験とはなんでしょうか――。

「新版 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」香取貴信著(あさ出版)
  • 東京ディズニーランドのスゴい「DNA」は脈々と……(写真はイメージ)
    東京ディズニーランドのスゴい「DNA」は脈々と……(写真はイメージ)
  • 東京ディズニーランドのスゴい「DNA」は脈々と……(写真はイメージ)

ルール違反でも見つからなければ関係ない!?

   サービス業に関わらず、スタッフを抱えている上司にとって、もっとも悩ましいのがルールの徹底ではないでしょうか。ここで、ルールの徹底を体験したエピソードを紹介します。 著者の香取貴信さんは、

「私がいた当時、 東京ディズニーランドには厳しいルールが存在しました。『身だしなみ』ひとつとっても、男性・女性それぞれに細かくルールが定められていました。たとえば、 髪の毛についても、染めてはいけない、 男性の髪の長さは耳にかかってはいけないなど、かたちにいたるまで、学校の校則のように決まっていたのです」

   がんじがらめの中で、香取さんは......。

「『ルールがあろうがなかろうが、見つからなければ関係ないでしょ』。新人の頃だったら髪の毛が耳にかかる前に床屋へ行っていたのですが、ちょっと伸ばしてみようかなあ、と甘い誘惑に負け、髪の毛を伸ばし始めたのです」

   髪を伸ばし始めて数日が経った頃、香取さんは「やばいかなあ?」と思いながら出勤してみると、意外にも誰からも注意されることなく、1日が過ぎていきます。「なんだ、けっこう大丈夫じゃないか!」という気持ちが芽生えてきました。

   数日が経ったある朝のこと、いつものように出動し現場に行くと、うしろから「お・は・よ・う! 香取さん」と声をかけてくる人物がいました。

   「あっ、おはようございます。町丸さん」。町丸さんは、次のように続けます。「男性の髪の長さはどこまでだった?」。「耳にかからないように、です」と香取さんは答えます。「香取さんの髪はいまどうですか?」。「耳にかかっています」。「どうする?」と町丸さん。

   「きょう、切ってきます」「どっちを?」「へっ!どっちって?」。町丸さんはハサミを取り出しました。選択肢は2つだよ。髪の毛を耳にかからないように切るか、耳を切ってしまうか。このままじゃ勤務できないよね。

   「えぇぇぇぇ~」。シャキシャキシャキシャキという音が響き渡ります。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中