2020年 8月 14日 (金)

「究極の英語学習法」は地道にコツコツ!? 「日本語」学習からたどり着いた70のコツ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   英語をモノにするには、まず強い動機や意欲が必要――。本書「日本人のための英語学習法」の指摘だ。

   この本は、地道なトレーニングを基本とした学習法のアドバイスをまとめている。本気で英語を身につけたい人に向けた英語力の向上には、コレしかない!という。

「日本人のための英語学習法」(里中哲彦著)筑摩書房
  • 英語の学習は、地道なトレーニングが基本
    英語の学習は、地道なトレーニングが基本
  • 英語の学習は、地道なトレーニングが基本

「ラクして身につく学習法」は宣伝文句だけ

   著者の里中哲彦さんは、大手予備校の英語科専任講師を務める著述家、翻訳家。英語や英文法のほか、米音楽史やビートルズについてなどの著書がある。かねてより、日本人の英語学習史に興味を持ち「先人たちの英語学習からヒントを拾い集め『究極の学習法』を探ってきた」

   里中さんは、なぜ英語ができないかということを考える前に、わたしたちはなぜ日本語ができるのかを考えてみたという。日本人だから? 日本で生まれ育ったから? 「いずれも違う。日本語をみっちり学習したから。わたしたちは日本語のトレーニングを積んだからこそ、日本語ができるようになった」のだ。日本人にとっては日本語が話せることが当たり前になっていて、あたかもまったく学習せずに日本語を習得したかのように錯覚してしまいがちという。

   日本人の多くは、学校の授業で勉強しているとはいえ、日本語のようには英語を身につけられるようなトレーニングを本気でやっているわけではない。そこまでする「必要性」や「切実な動機」がなく、英語に親しみを持つようになるのは、個人の事情次第だった。

   「究極の学習法」を探った著者によれば、英語学習は複合的であり、段階的であり、個別的。「ラクして身につく学習法」や「奇跡のメソッド」は英会話教材の宣伝文句だけのことと確信を持つに至ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中