2021年 1月 28日 (木)

それはサービス精神? それとも自己犠牲?? お酒の席での自分の守り方(くぼた茜)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「ノリが悪いと思われてもかまわない」くらいの気持ちで丁度いい

   たとえば、お酒を進められた時、本当は飲みたくないのであれば、断ってかまわないのです。答えたくないプライベートの質問をされたときは、無理して答える必要はありません。気分を害することを言われたときは、笑わなくてかまいません。

   ただ、相手も決して悪いことをしようと思っているのではありませんよね。そこであからさまに不機嫌になってしまったり、感情を出しにしてしまったりすると、その後の関係に影響が出ることも考えられますよね。

   断る時は明るくサラッと断れば、そんなにも場の空気も悪くならないはずです。

   最初は相手も驚くかもしれませんが、それでも自分自身が軸を持っていれば、きちんとそのように接してくれるようになります。

   心配な方は、ぜひ想定されるシチュエーションの対策を考えておくといいでしょう。

「あの人にこう言われたらこう返そう」
「これを聞かれたらこう返そう」

などと、しっかりとイメージしておきましょう。

   その際は自分の表情や声のトーン、その場の空気までイメージしておくと、なおいいでしょう。明確にイメージしておくことで、実際にその流れが来た時に落ち着いて対処が可能になります。

   そして、終わったあとはきちんと自分を守ったことを自分自身でほめることが大切です! これまでと違ったことをするのは少し勇気が要りますが、その一歩一歩が心を鍛えていきますよ。(くぼた茜)

くぼた 茜
くぼた 茜(くぼた・あかね)
1987年生まれ。Bloomer's Salon代表。ON+OFF認定メンタルトレーナー
10代から地方でモデルとして活動。その後、ユニット活動で海外・日本全国のイベントに出演したほか、テレビCMや雑誌・新聞などで活躍した。しかし上京後、芸能界で活動する中でさまざまな緊張やプレッシャー、人間関係などのストレス負荷を受け、耐えきれずに挫折。メンタルヘルスの大切さを実感した。その経験を生かして、現在はメンタルトレーナーとして活動している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中