2020年 6月 6日 (土)

50代が「漠然とした不安」に立ち向かうには?【ひろ子ママの教訓 その2】

印刷

   さて、本日の相談者さんは、先日50歳の誕生日を迎えたばかりの課長、Nさんが、お客様です。何だか冴えない表情ですが、どうされましたか?

「定年まであと10年と思うと、漠然とした不安に襲われるんですよね。」

   Nさんは、そう明かしてくれました。

  • 漠然とした不安がつきまとうと……
    漠然とした不安がつきまとうと……
  • 漠然とした不安がつきまとうと……

若手の登用で50代は追いやられはじめた

   Nさんに話を聞いてみると......。

「現在勤めている中小企業の定年は60歳です。65歳定年の話も出てきているものの、会社の体制自体が整っておらず、話がなかなか進んでいないんですよね。
大きな声では言えませんが、正直、60歳の定年まで何とかぶら下がってもいいから会社にいればいいかなって、心の底では思っていたんですよね。自分が20代、30代、40代の頃に見た50歳の方々はみんなそんな感じだったから。もちろん、会社にいる限りは会社のために働こうって気持ちはありますけど......。
ただ、最近は会社の若返りのために、20代、30代を中心に採用に力を入れていて、何となく50代が追いやられはじめたというか、そんな空気感を感じることもあるんです。
ニュースでも『トヨタの終身雇用難しい問題』など見ると、『今のままじゃマズイんじゃないか』と思いつつも、何をしたらいいか分からないし、という漠然とした不安と言うかモヤモヤに襲われているんです。」

   よくぞ、正直な気持ちをお話してくださいました。わたしがいろんな方にお話を聞いている中には、「時代のせいだ」とか「社会のせいだ」とか、他のせいにされる50代の方もいらっしゃいますが、Nさんはとても正直な方ですね。日本人特有の何とかなるだろうという「茹でガエル体質」とも言えますけど。(汗)

   では、さっそく厳しくお答えしていきましょう。

   まず、不安がどこから来ているのか考えてみましょう。

   漠然とした不安を、放っておいては「漠然」としたままです。よくわからない不安を抱えたまま、モヤモヤした時間を過ごすのは、時間のムダ。まずは不安なことを書き出してみましょう。たとえば、

・ このまま60歳まで会社にいるのが不安なのか
・ このまま今の会社にいたいと思っているのか
・ 60歳以降の人生を不安に思っているのか
・ 今のスキルだけじゃ足りない気がするのか

   自分のことって、わかっているつもりでも、じつはわからないものです。頭の中でモヤモヤするだけでなく、モヤモヤが何か書いてみて、自分の不安と向きあってみましょう。不安に蓋をせず、この先への不安とか恐怖とか受け入れることが、初めの一歩です。これで考えることから行動に、一歩進めましたね。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中