2021年 8月 1日 (日)

中国・ アリババの元「総参謀長」が明言「日本で近い将来大きな存在感発揮は難しい」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「スマートビジネス」を標ぼう

   確かに、規模が違うという意味は込めているのかもしれないが、本書のタイトルにあるように、アリババは、単にeコマースやネットを通じたサービスではなく、本書のタイトルにあるように「スマートビジネス」を標ぼう、成り立ちや果たしている役割が違うという。アリババは「小売業にかかわるすべての機能を果たすために、出店者、マーケティング会社、サービスプロバイダー、配送会社、メーカーから成る」グループ会社で、そのネットワークはデータにより調整・管理されて有機的に機能している。

「つまり、アメリカでアマゾン、イーベイ、ペイパル、グーグル、フェデックス、あらゆる卸売会社、そして相当な数のメーカーが果たしている機能、さらにはそこに、金融セクターの機能のほんの一部を加えたものを狙っている」

   という。

   アリババが展開している主なサービスには、BtoCのECサイトの天猫のほか、BtoBのECサイト・アリババドットコム、越境ECサイト・天猫国際、CtoCのECサイト・タオバオマーケットプレイス、決済のアリペイ、クラウドコンピューティングのアリババクラウドコンピューティングなどがある。物流でも、パートナー企業はアリババのネットワークにあり、インターネット時代ならではのビジネス・エコシステムを構築している。

   アリババが今後目指すのは、進化が著しい機械学習を生かしての合理化された事業運営であり、モバイルインターネット、クラウドコンピューティングなど最先端のテクノロジーを活用してビジネスに根本的変革をもたらすことという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中