2021年 4月 18日 (日)

先入観を捨てた 「MAZDA2」を買った マツダを貫くクルマへの「思想」にやられた!(大関暁夫)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ランチェスター戦略を地で行った復活劇

「そして世界一のクルマを作るために社員が皆、『インコース高めのストライク』を意識しながら汗をかく。結果として、たとえば理想の運転姿勢を考え、ハンドルの中心線とドライバーの中心がピタリと合って左右均等に足を開くと自然とペダルに足が乗る。そうなると、タイヤを前に出さないと右足が置けないから、プロットフォームから見直すことになる、みたいな議論と試行錯誤があって、ドライバーの快適さを優先して作られた第6世代の車種が生まれ、以降の飛躍的な売り上げ増加につながっているのです」

   規模、資金力で劣る企業が最大手をマネしても負けは見えている、というランチェスター戦略を地で行ったような復活劇です。中小企業にも大いに参考になるでしょう。

   個人的には本件でもう一つ、先入観というものの怖さを改めて思い知らされました。クルマの運転はおもしろくないもの、つまらないものという思い込みが長年私に誤った認識を植え付けていたということ。何事も先入観を持たずに、常にゼロベースで考え、立ち向かうことの大切さを、還暦という人生の暦がゼロに戻るその年に教えられた気分です。

   ちなみに、クルマの買い替えですが、クルマ選びの基準は燃費優先ではなくドライバーズ感覚優先だとの新たな基準で、マツダのガソリン車に決めました。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中