2021年 4月 12日 (月)

【BuzzBiz 2020】視覚障がい者の「目」になる進化したメガネ 「dynaglass」の開発秘話

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

メガネ型から試行錯誤の末、ペンダント型に

―― 開発で苦労したところはどこでしょうか。

金子社長「ダイナグラスの形状は、何度か試行錯誤し、現在の首から下げるペンダント型に落ち着きました。最初は、専用メガネを一から作ろうと思いましたが、コストがかかりすぎるという点で断念しました。次に、市販のスマートグラスを応用することを考えましたが、メガネが重く負担になってしまう点や、顔周りが目立ってしまうことを嫌がる方も多かったので今の形になりました。ペンダントの金具部分は、鯖江のメガネのフレームを作る技術を利用しており、この形は意匠デザインの特許を取得しています」
当初は「メガネ型」で開発を進めていた。(左が、1号試作機)
当初は「メガネ型」で開発を進めていた。(左が、1号試作機)
現在の「ペンダント型」の「ダイナグラス」
現在の「ペンダント型」の「ダイナグラス」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中