2020年 10月 20日 (火)

京都花街の芸舞妓に聞く! 「一見さんお断り」の本当の意味をご存じですか?

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   舞妓とは、京都の祇園を中心とした五花街で、舞踊、御囃子などの芸で宴席に興を添えることを仕事とする、芸妓の見習い段階の少女のことです。

   舞妓特有の厳しいしきたりがあり、かなりの忍耐が必要とされます。また、舞妓が日中に、花街や花街以外を出歩くことはめずらしく、多くは変装舞妓(舞妓体験してる人)とも言われています。

「京都花街の芸舞妓は知っている 掴むひと 逃すひと」(竹由喜美子著)すばる舎

お茶屋遊びに財布が不要な理由は?

   京都花街は「一見さんお断り」です。つまり、はじめての人は、お茶屋を利用できません。紹介があって、はじめて座敷にあがることができます。これにはちゃんとした理由があります。

「そんなに格式を重んじていたのでは、お客を失い先細りしていくのではないかと思われるかもしれません。こういうしきたりが続いているのには、それなりの理由があるのです。信頼関係にもとづく長いお付き合いをしていくためです。京都花街では、お座敷にあがられたお客様から、その日にお支払いいただくことはありません」
「経費はお茶屋が立て替え、後日精算いただくようになっています。お茶屋経由で2次会に行かれたなら、その支払いも移動のタクシー代もすべてお茶屋に請求がくるようになっています。お客様は財布を持っていなくても大丈夫なのです。お客様への請求はお客様への請求は数か月後(場合によっては半年)ということもあります」

   著者の竹由喜美子さんは、そう説明しています。

   長期掛け払いという京都花街の慣行は、かなりの信頼関係がなければ成立しません。信頼関係はきのうきょう知り合ってすぐに生まれるものではありません。これが、一見さんをお断りするおおきな理由なのだといいます。

「ちなみに、仮に、どなたかご紹介者があってお座敷にあがられるようになったかたが、万が一、お茶屋からの請求を踏み倒したならば、その責任を紹介者が負われて、支払いを肩代わりされることもあるそうです。会社を経営されているお客様が話されたことで、いまも鮮明に記憶に残っていることがあります」
「その方は会社経営で取引先との信頼関係を最重視されており、取引先が値引きを申し出たら『叱る』とおっしゃったのです。取引先の担当者が見積りを持ってきたとき、うーん、と渋い顔をされたそうです。すると相手が、『厳しいですか?では、下げさせていただきましょう』と見積りよりも低い金額を提示しました」

と、竹由さん。

   担当者は、「ばかもの!」と一喝されたそうです。見積りを見れば、金額が適正かどうか、ほぼわかります。適正な利益が得られない取引関係は長続きしません。そういう信頼関係を崩すようなことをするなという主旨だったようです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中