2020年 5月 27日 (水)

GMOコインの取り扱いで話題! 「ネム」でできる新しい仕組み、便利な世の中(ひろぴー)

印刷

ネムのブロックチェーン技術、株主総会で議決権投票を実現

   たとえば、投票の実証実験です。

   日本のアステリアというソフトウェアやサービスを開発・販売しているIT企業は、ネムの技術を用いたブロックチェーンを使い、株主総会での議決権投票において2017年から実証実験を行っていました。

   そして、2019年には上場企業で、世界で初めて本番環境でのブロックチェーン投票システムを実現しています。

   これにより、以下のような多くのメリットがあるといいます。

・ 容易でリアルタイムの集計作業
・ 特別なアプリを必要とせず、パソコンやスマートフォンでの投票が可能
・ 24時間投票が可能

   選挙などの投票には、はがきの発送、投票所への訪問、膨大な集計作業、投票を運営するボランティアなど、多くのヒト・モノ・カネが必要となります。

   ネムのブロックチェーンを活用すれば、これらのことが解決できる可能性があるのです。電子化が進む現代において、いまだに電子化されていない投票システムですが、ブロックチェーンにより着実に進んでいるといえます。(ひろぴー)

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中