2020年 2月 28日 (金)

【日韓経済戦争】二階幹事長の「1200人訪韓計画」 日韓双方から「YOUは何しに韓国へ?」と猛批判を浴びるワケ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、自民党の二階俊博幹事長が悪化している日韓関係の改善のために、1000人規模の訪韓団を計画していることを2020年1月10日付「【日韓経済戦争】二階幹事長の発言『1000人連れて訪韓する』 日本はベタ記事、韓国は1面トップの大騒ぎ なぜ温度差が?」という記事で紹介した。

   その後、二階幹事長の計画はもっとスケールが大きく、「1200人規模」であることがわかった。

   ところが、この二階幹事長の「勇断」に、ネット上では「YOUは何しに韓国へ?」「安倍政権の方針に反する売国的行為だ」「韓国に来なくていい!」と日韓双方からの猛批判が相次いでいる。いったいどういうことか。韓国紙で読み解くと――。

  • 二階俊博幹事長、「YOUは何しに韓国へ」?
    二階俊博幹事長、「YOUは何しに韓国へ」?

東京五輪前に観光・スポーツ界代表も引き連れて......

   二階俊博幹事長がぶちあげた「1000人訪韓計画」については、その後、やや詳細な内容が入ってきた。なんと1000人ではなく1200人規模に膨れ上がりそうだというのだ。

   聯合ニュース(2020年1月10日付)「二階氏訪韓は最大1200人規模 民団新年会で報告=韓日議連会長」がこう伝える。

「超党派でつくる韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長は1月10日、東京都内で行われた在日本大韓民国民団(民団)の新年会で、二階俊博幹事長が1000人規模の代表団を率いて韓国を訪問すると紹介した上で、『二階幹事長が韓国を訪問するのは意味がある』と強調した」

   カン会長によると、二階氏は1月9日に行われたカン会長らとの面会で、「今の世代が日韓関係の良い状況を作り、次世代に暗い影を残してはならない」と語り、1000人から1200人の規模で韓国を訪問する計画だと伝えたという。1月11日からのベトナム訪問では1000人を率いて行くため、もっと重要な国である韓国訪問ではさらに大規模で行うとも語り、カン会長らを喜ばせたのだった。

   時期についても「今年8月中旬のお盆より前」と具体的に話した。日本の通常国会は1月20日に招集され、会期末は6月17日の予定だ。また、7月24日から東京五輪が始まる。五輪中の訪韓は考えられないため6月下旬から7月になる。また、二階氏は東京五輪前の解散については、日本のメディアに「あり得ない」と語っており、この大規模訪韓は総選挙の前ということになる。

   聯合ニュースが続ける。

「この日の民団の新年会には日本の与野党国会議員約30人が出席した。日韓議連の河村建夫幹事長(自民党)はあいさつで、二階氏の訪韓計画を伝えるとともに、韓日間の観光およびスポーツ交流の重要性を強調した。南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使も『昨年の韓日関係はこれまでになく難しかったが、幸い韓日首脳会談の開催を機に希望の扉が開いた。(二階幹事長の訪韓団などにより)両国の国民と企業が置かれている厳しい立場が早急に改善されるように最善を尽くす』と述べた」

   どうやら二階幹事長は、東京五輪前の訪韓とあって、政財界だけでなく観光業界やスポーツ界からも大挙して引き連れていく計画のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中