2021年 9月 23日 (木)

歴史好きの店主が営む小さな書店(Vol.7 「山吹書房」)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

オススメの本と売れ筋の商品を見せてもらった!

「悩みました」と取り出してくれたのがこの2冊
「悩みました」と取り出してくれたのがこの2冊

   松井さんのオススメの本は、「江戸古地図散歩 ~回想の下町~」(池波正太郎著)だ。

「江戸と東京の様子を写真などを多く使って紹介する本です。45年前に出た本なので、いま現在の街の様子ともまた違う風情があります。江戸、45年前の東京を比較しながら楽しめるのでおもしろいです。歴史をメインに扱う店なので、ぴったりかと思って選びました」

   売れ筋の本は学会誌だそうだ。「たとえば......」と、取り出してくれたのは「千葉史学」(千葉歴史学会)。

「こういった学会誌のバックナンバーの取り揃えに力を入れています。ネットにあまり出回っていないからでしょうか、わりとよく売れますね」

と話す。

なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中