2020年 10月 26日 (月)

【日韓経済戦争】不買運動の波まだ高し!日本のチョコが韓国撤退、大学の日本関連学部競争率が激減 韓国紙で読み解く

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   日本製品への不買運動の動きは、まだまだ収まっていないようだ。

   残念なニュースが飛び込んできた。日本のチョコレートブランドの韓国からの撤退と、韓国の高校生に人気だった大学の日本関連学科の入試の競争率が大幅に下がったというのだ。

   いったいどうなっているのか。韓国紙で読み解くと――。

  • 「ロイズ」の韓国撤退を報じる聯合ニュース(2020年1月29日付)
    「ロイズ」の韓国撤退を報じる聯合ニュース(2020年1月29日付)
  • 「ロイズ」の韓国撤退を報じる聯合ニュース(2020年1月29日付)

日本の高級チョコ「ロイズ」3月末に韓国全店を閉店

   北海道が本拠地のチョコレートブランド「ロイズ」の韓国撤退を、2020年1月29日付の聯合ニュースが「チョコの『ロイズ』 3月で韓国全店閉鎖=日本製品不買運動が影響?」の見出しで、こう伝える。

「日本のチョコレートブランド『ロイズ』が今年(2020年)3月末までに韓国の全店舗を閉鎖することが1月29日、わかった。事実上、韓国事業から撤退する。ロイズコンフェクトは北海道のチョコレートメーカー。ロイズコンフェクトコリアはこのほどホームページで、営業終了を告知した。インターネット通販は2月18日、ソウルの狎鴎亭店と京畿道の板橋店は2月15日に閉店する。そのほかの実店舗も3月中にすべて営業を終了する。
 営業終了の理由は説明していない」
「韓国でロイズは「日本旅行土産の高級チョコレート」として知られている。業界の一部では、昨年(2019年)後半から広がった日本製品の不買運動が影響したとの見方も出ている」

   ロイズコンフェクト(札幌市北区)のホームページによると、同社は「北海道の地で本場・ヨーロッパに負けないチョコレートをつくりたい」という思いで1983年に創業。「クオリティ」「オリジナリティ」「プライス」を理念に生チョコレートをはじめとする菓子を製造・販売。「生チョコレートオーレ」「生チョコレート抹茶」「ポテトチップチョコ」などが人気で、北海道内の空港や土産店に主力商品を置き、通販にも手を広げている。シンガポールや米ニューヨークなどにも出店している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中