2020年 3月 29日 (日)

経験者だからわかる、言える 知られたくない男性の悩みに寄り添うウィッグ開発秘話!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   カッコよさと髪のボリュームが持続して、驚くほど簡単に髪形が決まる。ハリとコシのある、太さの違う専用の毛髪を採用することで、少ない毛量でもベタっとしないで、ふんわりと仕上がり、朝決めたヘアスタイルが1日中キープできる。そんな、まるで自分の毛髪のような男性用ウィッグが開発された。

「年齢相応の自然な髪の量でヘアスタイルを長時間キープしたい」
「毎日使うものだから、着脱がしやすく快適でありたい」
「生え際や分け目、どこから見ても自然でありたい」

   ウィッグへのこうした思いは男性、女性の別はない。

   じつは、アートネイチャーで男性用ウィッグの開発に取り組んできた担当者は、自身も毛髪に悩みを抱えていた。商品開発室の矢内大輔課長が、その開発秘話を語る。

  • 「自身も髪の悩みを抱えていた」という商品開発室の矢内大輔課長
    「自身も髪の悩みを抱えていた」という商品開発室の矢内大輔課長

人事部時代の採用活動がウィッグ着用のきっかけ

―― 男性用ウィッグの開発にかかわる前から、ご自身が頭髪のお悩みを抱えていたと聞いています。具体的に、教えてください。

矢内大輔氏「頭髪が薄くなってしまうと、就職や結婚に、大きく影響するのではないかと、高校生ぐらいから将来への不安を強く感じていました。神社にお参りしても、『将来若ハゲになりませんように。』と本気でお願いしていましたから(笑)。ですから、激しいスポーツや帽子を被るバイト、友達と温泉に入るといった行為は、ヘアスタイルが崩れるのがイヤで、ずうっと敬遠してきました」

―― 頭髪の悩みは、なかなか他人に話すような機会がないと思います。どのように解決してこられたのでしょうか。

矢内大輔氏「解決しようと努力したことはありません。ただ、弊社に入社すると、社内では自然と髪の話になり、じつは自分の体験が、他の人にはない強みになるのではと感じました。ですから、自分はこんな悩みがある、こんな商品が欲しい、と積極的に意見を言いました」

―― 「ウィッグ」というと、女性用を思いつきます。男性用があることはご存じだったのでしょうか。また、ご自身でウィッグをつけようと思われたきっかけは、なにかあったのですか。

矢内大輔氏「私は『ウィッグ=男性用』と思っていました。この業界には昔から興味があったので、情報は自分から収集していましたし、テレビCMもたくさん流れていて、よく知っていました。
私が初めてウィッグを使用したのは29歳ごろだったと思います。いよいよ生え際が薄くなってきて、ヘアスタイルではカバーできなくなってきました。当時、人事部で新卒の社員と中途採用を行っていたのですが、応募者から見た私のイメージは、そのままイコール会社のイメージになりますので、見た目にはとても気に遣っており、それがウィッグを着けようと思った一番の理由です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中