2020年 10月 20日 (火)

【株と為替 今週のねらい目】止まらない新型肺炎、拡大どこまで...... ドル上値重く(2月10日~14日)

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   中国発の新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大するなか、東京株式市場は日経平均株価は春節明けの上海株式市場が上昇するとともに、米国株式市場がハイテク株中心に好調なことを背景に3週間ぶりに値上がりした。

   とはいえ、新型コロナウイルスの感染被害はなおも拡大。勢いは止まっていない。中国経済の減速は避けられないとの見方が増えていることから、外国為替市場ではドルの上値は重くなりそう。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • マスクも品薄に……
    マスクも品薄に……
  • マスクも品薄に……

東京株式市場 新型肺炎の拡大続き......

日経平均株価予想レンジ:2万3000円~2万4500円

   2020年2月7日(金)終値 2万3827円98銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合い相場のなか、個別株を物色する動きとなりそうだ。

   前週の日経平均株価は、3週間ぶりに上昇した。新型肺炎の世界的な拡大に歯止めがかからないなか、中国人民銀行が市場への資金供給を実施したことや、中国・上海株式市場が上昇したこと、米国の経済指標が市場予想を上回ったことなどが好感された。為替相場が一時1ドル=110円台の円安となったことも支援材料となった。

   今週の日経平均株価は、引き続き、新型肺炎の世界的拡大が終息する見込みはなく弱含み、もみ合いが予想されるなか、企業決算が本格化することから個別株を物色する動きとなりそうだ。

   日本、米国、中国の経済指標の発表が相次ぐため、市場予想を上回る結果となれば、相場の上げ材料となりそうだが、新型肺炎に対する懸念は強く、上値は重くなりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中