2020年 9月 27日 (日)

お札がデジタル通貨に変わる! 日米欧の中央銀行が画策している「CBDC」で世の中も変わる?(ひろぴー)

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   日本銀行は、イングランド銀行や欧州中央銀行などの6つの中央銀行と国際決済銀行と共に、デジタル通貨の発行や利用例についての共同研究に乗り出すことを、2020年1月21日に発表しました。

   国際決済銀行(BIS)の調査結果によると、世界中の中央銀行がデジタル通貨の発行を検証していることが明らかになっています。

   ちなみに、ブロックチェーンを基礎とした中央銀行のデジタル通貨はCentral Bank Digital Currency 、通称「CBDC」と呼ばれています。

   そこで今回は、中央銀行のデジタル通貨の発行と、私たちの生活に与える影響について解説していきます。

  • 「デジタル通貨」で世の中が大きく変わる?
    「デジタル通貨」で世の中が大きく変わる?
  • 「デジタル通貨」で世の中が大きく変わる?

中央銀行のデジタル通貨「CBDC」構想って何だ!?

   さっそくですが、中央銀行のデジタル通貨「CBDC」とは、なんでしょう?

   日銀のホームページに、「CBDC」に関する定義が書かれていました。

(1)デジタル化されていること
(2)日本円などの法定通貨建てであること
(3)中央銀行の債務として発行されること

   日銀が発行する日本銀行券、いわゆるお札は、24時間365日誰もが使える決済手段として提供されています。要はこれを、suicaやpaypayのようにデジタル化しようというのです。

   suicaなどの電子マネーは、日本円と価値が連動しているものの、日本円ではなく企業が提供する決済手段です。法定通貨をデジタル化するということは、現物のお札がデジタルに置き換わるということ。株券が電子化になったことと似ているといえます。

   それで、どうなるのか――。まずはデジタル通貨になるメリットです。

   お札がデジタル通貨になれば、

(1)持ち運びが容易
(2)紛失リスクが低下
(3)マネーロンダリング対策

などと、いいことがたくさんあります。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中