2020年 10月 22日 (木)

【決着! 企業分析バトル】米国の突発的な動きに「ガマンの1年」だった(一橋大学)

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   「トランプ相場」といわれたように、2019年の株式市場はまさにトランプ米大統領に翻弄されたのではないか――。とにかく、突発的な動きが多かった。

   「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦!」では、なかなか投資銘柄がしぼり切れずに選定に悩んだが、6銘柄について分析した。その結果......。

  • 機関投資家は厄介な存在だ(写真は、東京証券取引所)
    機関投資家は厄介な存在だ(写真は、東京証券取引所)
  • 機関投資家は厄介な存在だ(写真は、東京証券取引所)

「基本」に立ち返るきっかけをつかめた

【総資産の合計】
投資総額       139万7800円
回収した金額     144万1200円
損益の状況    プラス4万3400円

   まずは、2019年の株式市場の所感を書いていこうと思う。昨年は好調の2017年、不調の2018年に続く流れだった。2018年末にかけての下げ相場がリセッションの始まりを予感させ、続く2019年は米国経済の動向(フェデラル・ファンド金利、米中貿易戦争、経済指標)をにらみながらのジリジリとした展開になった。

   私にとって、この1年は「ガマン」のしっぱなしだった。米国の突発的な動きが多かったからだ。特に米国と中国による追加関税のかけあいでは、思いがけないタイミングでの情報発信がたびたび行われ、先行きの不透明感を押し広げていた。

   そこで、私が考えた最善の方法が、ガマンすることだった。難しい相場を打開するために試行錯誤するよりも、個人投資家を悩ませる情報の不足を受け入れ、長期的な市場全体の成長という根底に立ち返り、積み立て投資を続ける。2019年は見通しが読めない難しい1年だったからこそ、そんな基本に立ち返るきっかけをつかむことができた。

   さて個別銘柄だが、記事にした「イボキン」「クスリのアオキホールディングス」「MonotaRo」「プレナス」「スパークス・グループ」「東海カーボン」の6銘柄の中で、特に結果のよかった銘柄、悪かった銘柄として、「イボキン」と「東海カーボン」をピックアップした。

   「イボキン」の勝因、そして「東海カーボン」の敗因は、さまざまあるだろうが、その一つに「機関投資家の存在」があげられると考えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中