2020年 10月 26日 (月)

動き出した2021年卒の就活 「就活ルール」の廃止で就職したい企業・業種ランキングに変化は?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   2021年3月に卒業予定の大学生が就職したい企業、業種の第1位は「地方公務員」、2位に「国家公務員」、3位は「グーグル」...... こんな結果がまとまった。

   今年も来春卒業予定の大学生を対象にした会社説明会が、3月1日に解禁されたが、今回はいわゆる「就活ルール」が廃止されて初めての就活シーズンだ。法人向けの与信管理サービスのリスクモンスターが、そうした変化などをみようと調査。「就職したい企業・業種ランキング」を、2020年2月28日に発表した。

  • 企業はたくさんあるけれど、就活生の希望は人気企業に集中傾向
    企業はたくさんあるけれど、就活生の希望は人気企業に集中傾向
  • 企業はたくさんあるけれど、就活生の希望は人気企業に集中傾向

文系に人気、航空・旅行大手

   調査によると、「就職したい」企業や機関についての質問(複数回答)で、最も回答が多かったのは「地方公務員」の26.7%。2位の「国家公務員」は16.8%。民間企業でトップだった「グーグル」は9.2%だった。

   このトップ3は、昨年の調査と同じ顔ぶれ。順位も同じだった。就活ルールが廃止されるなどの変化があった2021年卒の就活生だが、上位に変動はなかった。

   しかし、民間企業か公務員かの志望別を聞くと、約6割が「国内民間企業」(59.0%)と回答。「公務員」と答えたのは20.4%で、だいたい5人に1人の割合だった。

   「公務員」志望は、文系(22.1%)のほうが理系(18.4%)より高く、男性(22.5%)のほうが女性(18.6%)より高い傾向にあった。

   トップ3の選択理由をみると、地方公務員は「安定している」「地元に貢献したい」など、国家公務員ではやはり「安定している」「国に貢献したい」という声が寄せられた。グーグルは「最先端の企業」「働きやすそう」という評価だった。

   4位以下をみると、4位に「味の素」(6.9%)、5位「アマゾン」(6.6%)、6位は「日本赤十字社」と「LINE」(ともに6.4%)、8位「明治」(5.1%)、9位には「日本郵便」「花王」「大塚製薬」(いずれも4.1%)が並んだ。

   また、20位までを業界別でみると、飲料・食品のメーカーが6社と最多。味の素、明治のほか、キユーピーと森永乳業、日清食品、サントリーが3.8%で12位に並んだ。次いで、IT関連(グーグル、アマゾン、LINE)と医療関連の3社ずつ。医療関連では、日本赤十字社、大塚製薬のほか、武田薬品が3.3%の回答率で18位にランクされた。

   学生にとって、日常生活で身近な商品やサービスを扱っている企業に人気が集まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中