2020年 6月 5日 (金)

メーガン妃、まさかの「大失敗」 相次ぐ特権没収に、やっぱり「世の中は甘くない」かも!?(井津川倫子)

印刷

   新型コロナウイルスの猛威に気を取られているうちに、3月末に英王室を離脱するハリー王子夫妻の「離脱カウントダウン」が始まっていました!

   サセックス公爵夫妻こと、ハリー王子とメーガン妃は2020年3月31日をもって王族としての公務を引退しますが、土壇場になって夫妻の離脱プランに「大誤算が生じた」と海外メディアが騒ぎ立てています。

   果たして、世紀の決断をした2人に、「世の中はそんなに甘くない」のでしょうか?

  • 王室離脱のハリー王子とメーガン妃はどうなるのか!?(写真は、英ロンドン)
    王室離脱のハリー王子とメーガン妃はどうなるのか!?(写真は、英ロンドン)
  • 王室離脱のハリー王子とメーガン妃はどうなるのか!?(写真は、英ロンドン)

特権没収で「儲かるロイヤルビジネス」に赤信号?

   2020年1月に、突然「王族としての公務から距離置く」宣言をして世間を、アッと驚かせた英王室のハリー王子夫妻。王族や関係者を巻き込んで「すったもんだ」したあげくに、3月に王族としての公務から退くことが決まっていました。

   残り少ない王族生活をエンジョイしているのかと思いきや、ここにきて夫妻にとって「想定外の大打撃」となるニュースが相次いで報じられました。

The Duke and Duchess of Sussex will stop using their "Sussex Royal" brand from spring 2020
(サセックス公爵夫妻は、2020年の春から「サセックス・ロイヤル」ブランドの使用を止める:英BBC放送)

   報道によると、ハリー王子夫妻は「半分王室メンバー、半分私人」という「ハイブリッドライフ」を期待していたようです。「サセックス・ロイヤル」の商標登録を行い、ブランドの商品展開を目指すなど、「あこがれのハイブリッドライフ」に向けて着々と準備をしていました。ところが土壇場になって、エリザベス女王から「王室を意味する『ロイヤル』の言葉をブランド名に使うことはできない」と禁止されてしまったというのです。

   公務を果たさないのに「王室」は名乗れないだろうし、ましてや「王室を商売に使うなんてもってのほか」と考えるのが常識でしょう。

   ところがハリー王子夫妻は、すでに「サセックス・ロイヤル」のウェブサイトを立ち上げていて、商標登録に「多額の資金をつぎ込んでいた」というから驚きです。今回の「ロイヤル使用禁止令」は、二人にとって大打撃だと地元英国メディアは報じています。

The loss of "Sussex Royal" will be a blow
(「ロイヤル・サセックス」称号の消失は打撃だ)
blow: 強打、一撃、攻撃

The decision on the brand name was a "setback" for the couple
(ブランド名についての決断は、夫妻にとって「敗北」だった)
setback:敗北、失敗

They will be royal no more!
(彼らはもはや、ロイヤルではない!)

   これまで 「サセックス・ロイヤル」を前面に出して活動してきたハリー王子夫妻。商標登録までして「lucrative business」(儲かる商売)をもくろんでいましたが、「そうは世の中甘くない!」とメディアは辛辣な批判を繰り広げています。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中