2022年 10月 4日 (火)

新型コロナウイルス、「正社員」採用を直撃! 6年ぶりの低水準

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年度(4月~21年3月)に入社する正社員(新卒、中途採用を含む)の採用で、「採用予定がある」(「増加する」「変わらない」「減少する」の合計)と答えた企業は59.2%と、6割を下回ったことが、帝国データバンクの「2020年度の雇用動向に関する企業の意識調査」でわかった。3月12日に発表した。

   前回調査(19年2月)の64.2%から、5.0ポイント減少した。減少は2年連続。採用を予定する企業が6割を下回ったのは、14年度調査(59.5%)以来6年ぶり。14年は消費税の引き上げ(5%→8%)があり、その影響の見極めなどのため、採用が控えられた。

   「採用予定はない」と答えた企業は27.8%で、2年連続で増えた。今回の調査は、2020年2月14日から29日に実施。調査期間は、新型コロナウイルスによる感染が拡大していたため、それによる先行き不透明感の高まりで、採用を控える企業が多くみられた。

  • 採用や就活にも暗い影を落とし始めた……(国立感染症研究所提供)
    採用や就活にも暗い影を落とし始めた……(国立感染症研究所提供)
  • 採用や就活にも暗い影を落とし始めた……(国立感染症研究所提供)

大企業では強い意欲続く

   調査(有効回答1万704社)によると、正社員の「採用予定がある」と回答した企業の割合を規模別でみると、「大企業」は82.9%。前回調査の84.8%から、やや減ったが、7年連続で8割を超え、採用活動に積極的な姿勢が続いている。

   ただ、「中小企業」は53.6%で、前回調査から5.5 ポイント減少。採用予定のある企業からは、世代交代や働き方改革の対応で、従業員増強が必要になったことなどが理由として挙げられたが、採用予定のない企業からは、先行きの不透明感を指摘する声が多く聞かれた。

   景気動向のほか、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から、

「新型コロナウイルスの影響はこれからと考えており、景気の見通しが立たないため、採用見込みも不透明」(東京、ソフト受託開発)
「労働者にとって売り手市場だと思うが、新型コロナウイルスの影響次第では一気に採用を控える企業が出てくる可能性がある」(大阪、下着類卸売)
「新型コロナウイルスの影響で今後3か月程度は忙しくならないと予想し、現状も過剰感があるので、当面の採用は行わない」(兵庫、金型/付属品製造)
「コロナウイルス影響の先行きが見えないため、採用見込みは減少する予定」(愛知、プラスチック板/合成皮革卸売)
「出店やイベントの開催を行うと増員が必要となる。しかし、コロナウイルスの影響がこの後どの程度になるかが予想できないため社員の採用は予定できない」(大阪、靴小売り)

などと、採用を躊躇する声が多かった。

ネット世代の就活生でも、対面で「アピールしたい」!

   新型コロナウイルスの影響は、就活中の大学3年生らにも大きく及んでいる。就職や転職などの情報サービスを提供しているマイナビが、2021年卒業予定の大学生を対象に行った「新型コロナウイルス感染拡大に対する就職活動実態調査」(3月1日~5日に実施。有効回答7419人)によると、新型コロナウイルスの感染拡大が自身の就職活動に何らかの「影響がある」と回答した学生は82.9%にのぼっている。

   感染拡大を受けて、就活プロセスについてインターネットで行う企業が増えているが、回答者に就活での「対面」または「ウェブ」での実施について考えを聞いたところ、「会社説明会はウェブ化してもいいが、1次面接以降は対面での実施が望ましい」と回答する割合が49.2%と最も高かった。

   対面を望む理由を聞いたところ、

「社員の雰囲気を確かめたい」
「対面の方がありのままの自分をみてもらえる」

など、学生らは直接のコミュニケ―ションでアピールしたい気持ちをにじませた。

   また、説明会やインターンシップ、イベントが中止になっていることを理由に、企業に対して選考期間の延長を要望する声もあった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中