2020年 6月 6日 (土)

副業解禁まもなく1年、やっている人はどれくらい? 若い世代ほど意欲的なのは......

印刷

   副業や兼業の推進を盛り込んだ「働き方改革関連法」が施行されて、まもなく1年。全国の会社員を対象に行われた副業ニーズを探る調査によると、実際に副業をしている人は約1割にとどまる一方、これから副業を始めたいと考えている人は6割を超えた。

   とくに、20代では「すぐにしたい」という人が7割を超えるなど、若い世代ほど副業への意欲が高そうだ。総合人材サービス、パーソルグループのワークスイッチコンサルティングが、2020年3月11日に発表した。

  • 週末や休日にフードのデリバリーサービスで副業する人も多いという
    週末や休日にフードのデリバリーサービスで副業する人も多いという
  • 週末や休日にフードのデリバリーサービスで副業する人も多いという

「将来に不安」な若手が副業に可能性感じる

   調査では、「現在の職業が会社員で、役職が部長・課長・係長・主任・一般社員クラス」と「勤務先の従業員数が300人以上」という2つの条件でスクリーニングした7501人(男性4488人、女性3013人)を対象に、「副業」の有無を調査。このうち、約1割(10.9%、819人)の人が「(副業を)している」と回答。89.1%(6682人)が「していない」と答えた。

   次に、副業をしている人と、していない人で、副業についての意識や知識の実態を探った。従業員300人以上の企業に勤務する20~59歳の会社員800人を、副業している人400人と、副業していない人400人に分けて選び、それぞれ20~50代の年代ごと、男女各50人に聞いた。

   800人全員に、勤務先が副業を認めているかどうかを聞くと、「認めている」は30.8%、「禁止」が49.8%、「わからない」が19.5%だった。

   それもあってか、副業している人の55.3%が「会社に申請していない」と明かした。「申請している」人は19.0%、「申請の必要がない」が25.8%だった。

   ほぼ半数の企業で「副業禁止」の現状が示されたが、副業していない人に「副業したいか」と聞いたところ、「すぐにでもしたい」(24.5%、98人)と「いずれしたい」(39.8%、159人)を合わせて64.3%(257人)が「副業したい」意向を表明。なかでも20代では、「すぐにしたい」が男性38.0%、女性30.0%、「いずれしたい」が男性44.0%、女性40.0%と、副業意欲が高いことが示された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中