2020年 10月 20日 (火)

【SDGs実践編】目標達成をさまざまな「道」からアプローチ 「17のゴール」すべてを目指す大和証券グループ

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)には「17の目標」(ゴール)と169のターゲットがある。それが幾重にも重なっていて、企業の取り組みも多岐にわたる。

   大和証券グループ本社は2018年5月に「SDGs宣言」を発表。中期経営計画にSDGsを取り入れるとともに、中田誠司社長をトップとする「SDGs推進委員会」を発足して、会社が一丸となって取り組んでいくことを、国内外に宣言した。

   どのような取り組みを、どう進めていくのか、全社員がSDGsを理解して取り組んでいるのか――。SDGs推進室の川那部瑠理子室長に聞いた。

  • 大和証券グループ本社の「SDGs達成に向けた取り組み」を紹介するホームページ
    大和証券グループ本社の「SDGs達成に向けた取り組み」を紹介するホームページ
  • 大和証券グループ本社の「SDGs達成に向けた取り組み」を紹介するホームページ

本業を通じて経済的価値を生み出しながら、同時に社会に貢献する

大和証券グループはSDGs「17の目標」のすべてを目指す(川那部瑠理子SDGs推進室長)
大和証券グループはSDGs「17の目標」のすべてを目指す(川那部瑠理子SDGs推進室長)

―― 2018年5月に「SDGs宣言」を発表されました。その狙いは、どのようなことなのでしょう。

   川那部瑠理子室長「2018年2月に、社長でCEO(最高経営責任者)の中田誠司をヘッドとしたSDGs推進委員会を発足。その事務局として今年(19年)4月からSDGs推進室を経営企画部内に置きました。経営戦略の中にSDGsを取り込んでいこうというイニシアチブは、そこから始まっています。
そうした中で、『SDGs宣言』は、大和証券グループがSDGsに真剣に取り組んでいくんだということを、社内外に具体的に示したものです。
SDGsは、CSR(企業の社会的責任)からCSV(共通価値の創造)への流れにあるなか、その過程にSDGsがあると説明されています。そうした中で、世界一多くの長寿企業がある日本で、当社も1世紀以上も生き残ってきた。そのことを考えると、やはり社会に貢献してきたからこそ、社会から求められる存在でいられたのだろうと考えました。それを、より本業を通じて経済的価値を生み出しながら、同時に社会貢献も、社会的な価値も生み出そうという『CSV』の考え方に移ってきました。『SDGs宣言』は、そういった方向に舵を切っていこうという会社の姿勢を、明確にしました」

―― 社員は「SDGs=CSRではない」ということを理解していますか。

   川那部室長「社員がそのこと(SDGs=CSRではない)をどれだけ理解しているかというと、なかなか難しいですね。しかし経営の考えとしては、いわゆるビジネスの中で社会に貢献すれば、社会課題の解決そのものも持続的に実践できるわけですね。CSRは、必ずしも業績と連動するわけではありませんが、本業で得た利益の一部で支えるような仕組みですが、我々の通常のビジネスで社会課題が解決できれば、我々が存在できる限り社会貢献も永続的になるだろうと。結果として『ダイワ』の経済的価値、経済活動自体も、世の中からきっと認めてもらえるだろう。巡り巡って本業も持続可能になる。そういったことで、SDGsを推進していますし、少しずつ浸透しています」

清水一守(しみず・かずもり)
清水一守(しみず・かずもり)
一般社団法人SDGs大学 副理事長・学長
愛知商工連盟協同組合 国際事業部参与、英国CMIサスティナビリティ(CSR)プラクティショナー資格/相続診断士
日本大学文理学部を卒業。大学では体育を専攻。卒業後、家業である食品販売店を継ぐも新聞販売店に経営転換。地域のまちづくりとして中山道赤坂宿のブランド化を推進した。その後CSR(企業の社会的責任)の重要性を学び、2018年7月から名城大学で「東海SDGsプラットフォーム」として月2回の勉強会を開催中。SDGsを広めるための学びの場として2019年10月に一般社団法人SDGs大学を開校。現在、SDGs認定資格講座やSDGsイベントなどを開催中。
岐阜県出身、59歳。
一般社団法人SDGs大学
SDGsを広めるために、誰もが伝道師となるような認定資格講座を5段階で設定。SDGsを学ぶきっかけの資格としてSDGsカタリストから始まり、そのカタリストを育成する上位のSDGsアドバイザー、アドバイザーを育成するSDGsカウンセラー、SDGs上級カウンセラー、SDGsコンサルタントを設けた。上位資格取得者が下位資格を育成するプログラムで、SDGsを広く浸透する活動に取り組んでいます。さらに、SDGsの理解を深めるため、資格取得者が各々のスキルとSDGsを連動した講座やイベントを各地で開催。また、大学の認定資格、推奨資格講座も準備しています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中