2021年 4月 13日 (火)

青年ギャグ漫画でこそ伝えたい「やさしさ」と「絶望」そして「癒し」 ギャグ漫画家 田島シュウさんインタビュー(後編)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   疲れた心を癒し、シュールなギャグ漫画を描くとWEBで人気の田島シュウ(たしま・しゅう)さん。その初めての単行本「田島シュウの日めくり漫言」(小学館刊)が2020年3月30日、発売された。

   27歳までフリーター生活を続け、ときに絶望も感じていたという田島さん。どんなキッカケで漫画家になったのか? その一風変わったデビュー秘話はこちら。後編では、スランプを経て人気作品を生み出すに至ったエピソードに迫る!

   これはビジネスパーソン、必読である。

  • 初の単行本「田島シュウの日めく漫言」(ギャグ漫画家の田島シュウさん)
    初の単行本「田島シュウの日めく漫言」(ギャグ漫画家の田島シュウさん)
  • 初の単行本「田島シュウの日めく漫言」(ギャグ漫画家の田島シュウさん)

「もっと芸人のザキヤマを見て勉強しろ」

――「少年ジャンプ」で連載を目指していた頃は、どんな作風が求められていたんですか。

田島シュウさん「青年誌と違って『ポップな感じ』で、あくまで少年にヒットしそうなものが求められる感じですね。表現は悪いんですけど、う~ん......「自由度がない」というか......。編集者さんには『もうちょっと、芸人のザキヤマを見て勉強した方がいい』って言われました。テレビのコメディを見ろと。
でも僕はもともと、テレビや漫画を見ないんです。それより映画が好きで、映画からいろんなアイデアを得ることが多いので、少年誌というより青年誌向きだったのかもしれません。『少年ジャンプ』を辞めてからは、青年誌の漫画賞に応募しましたね。10ページくらいの短編を描いて、選考に落ちたものをツイッターに投稿していた感じです」

――それで、ツイッターを見たWebメディアの編集長が、「ぜひうちで連載を」とDM(ダイレクトメッセージ)をくれた。

田島さん「はい。そこからWEBでも描くようになりました。ツイッターに投稿しつつ、青年誌にも毎月応募して。今度単行本が出る『日めくり漫言』も、『スピリッツ賞』をいただいたのがキッカケで、小学館の『やわらかスピリッツ』で連載することになったんです」

常にスランプ、でも「自由」

「日めくり」なので、「やわらかスピリッツ」では週7本を守っている(写真は、田島シュウさん)
「日めくり」なので、「やわらかスピリッツ」では週7本を守っている(写真は、田島シュウさん)

――「日めくり漫言」では、編集者からのアドバイスはあるんですか?

田島さん「最初は『こういうキャラクターを作ってみたら?』とか、ちょっとあったんですけど、僕がそれに全然応えられなくて......。そのうちなくなりましたね(笑)。『コイツに言ってもムダだ』と思われたのかもしれません。今はもう、自由に描かせてもらってます」

――「日めくり」というだけあって、「やわらかスピリッツ」(小学館)では、じつに週7本も更新していますが、毎日続けるのは大変ではありませんか。

田島さん「常にスランプみたいな気持ちもありますね......。でも、とにかく描き続けていたら何かアイデアが出てくるので、達成感はあります。『続けるぞ』っていう決意もある。ネタが浮かばなくて、つらいなと思ったら、その気持ちをネタにしちゃえっていうか。やけくそで描いた作品のデキが良かったりもするので......」

家族にも、ペンネームは秘密にしている

「ペンネームは家族に友人にも言ってないんです」...... ギャグ漫画家、田島シュウさんが、そのベールを脱ぐ!?
「ペンネームは家族に友人にも言ってないんです」...... ギャグ漫画家、田島シュウさんが、そのベールを脱ぐ!?

――作品の評価として、読者のネット反応は見たりしますか?

田島さん「見ないようにしていますね。けなされても、褒められても、何らかの影響は受けちゃうので。好き勝手、自由に描くのが性に合っているのだと思います。じつは家族にも友人にも、ペンネームは言ってないです。『見られている』と意識しちゃうと、もう自由に描けなくなってしまう。自分自身で客観視して、おもしろいかどうかを判断しています」

――自分の作品を客観視するのは、難しいですよね。

田島さん「そのための工夫もあって。はじめはコマ割りをせず、文章だけでストーリーを書いて2週間寝かせるんです。で、2週間経ったら、改めて読み返します。その頃には自分がどんな内容を書いたかも忘れているので、冷静に客観視できる。そこで初めて『これを原稿にしよう』『これはボツ』って選ぶ感じです」

――ネタを寝かせると、客観的に判断できるんですね。常にストックがあるというのはスゴイです。

田島さん「時間が経って冷静にならないと評価できないので、余裕をもって制作していますね。そういえば僕は、原稿にした直後から、その原稿がおもしろいかどうか、わからなくなっちゃうんです。作品自体に何も感じなくなってしまう。だから、原稿を読み返すときも時間を空けます。正直に言うと、時間が経ってから読み直した作品の中でも、『これどういう意味?』って、自分で思うことがありますから......(笑)」

――自分でも理解できない作品もあるんですね(笑)。ちなみに、そういった制作のマインドも含めて、漫画家に向いている人はどんなタイプだと思われますか。

田島さん「人それぞれタイプは違うと思うんですけど、やっぱり『決意』みたいなものが大事じゃないかな、と思います。絵やシナリオが雑でも、『熱中して描いてるな』って感じる漫画はおもしろいんですよね。作品に出るんじゃないでしょうか。意味がわからなくても、伝わるものがあればいい。
『日めくり漫言』は、『笑えるだけじゃなくて癒やされる』とか、『優しい漫画』と言っていただくんですけど、生きるうえでの悲しさや厳しさ、絶望とかも描かれているので、ちょっと変わった作品を求めている人にはぜひ、読んでもらいたいです。これからも、ギャグ漫画ではありながら、なにか違う要素の入った作品を描いていきたいですね」

――ありがとうございました。

(インタビュー 生野あん子)


◆ プロフィール
田島シュウ(たしま・しゅう)
工場勤務から、フリーター生活を経て27歳で漫画家に。第334回スピリッツ賞佳作受賞。「田島シュウの日めくり漫言」のほか、「アイテムおばあちゃん」「こんな日もあったっていい」などの作品がWebで人気。初の単行本「田島シュウの日めくり漫言」を、小学館から発売する。
大阪府出身、35歳。
「やわらかスピリッツ」(小学館)
ツイッターはこちら


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中