2020年 10月 20日 (火)

BBT大学が「アバター卒業式」 「まさか自分が遠隔操作して参加するとは......」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   インターネットを使ったオンライン教育を行っているビジネス・ブレークスルー(BBT)大学・大学院(東京都千代田区)が、新型コロナウイルスによる感染拡大防止に対応して、完全オンラインの「アバター卒業式」を行った。

   2020年3月28日に、都内のホテルで開催されたもので、卒業生はアバター(分身)と呼ばれる遠隔操作ロボットを使って、大前研一学長から卒業証書を受け取った。

  • 卒業生に代わってアバターが大前学長から卒業証書を受け取る
    卒業生に代わってアバターが大前学長から卒業証書を受け取る
  • 卒業生に代わってアバターが大前学長から卒業証書を受け取る

ANA開発の「newme」を卒業生が操作

   コロナ禍のなか、卒業生の代わりに式に臨んだのは、ANAホールディングスが開発し「newme(ニューミ―)」と名づけられた「普及型コミュニケーションアバター」。式では卒業生を代表して、経営学部の卒業生2人、経営大学院の修了生2人がそれぞれ自宅からnewmeを操作。ほかの卒業生らは、ビデオ会議アプリ、zoom(ズーム)を使ってオンラインで視聴参加した。

   newmeは、タブレットを「顔」として備え、キャスターを使って移動できる。式ではnewmeが卒業ガウンと帽子をつけて参加。司会から名前を呼ばれると、操作する卒業生の顔をタブレットに表示して大前学長の前に進み、卒業証書を受け取った。

「newme」を通じて大前学長から言葉を受ける卒業生
「newme」を通じて大前学長から言葉を受ける卒業生

   大前学長は、

「建学の精神でもある『知のネットワークは、人間の能力を無限に伸ばす』ことを信じ、これからも努力し続け、世界で活躍してください」

と、卒業生に激励のメッセージを送った。

   一方、newmeを通して卒業式に参加した大学院修了生の男性は、

「入学時はまさか自分がアバターを操作して卒業式に参加するとは思いもしなかった。プライベートの空間にいながら、公の場で卒業証書を受け取るのは斬新な経験」

と、感想を述べた。

   「アバター卒業式」を企画し、総合プロデューサーを務めた経営学部グローバル経営学科長の谷中修吾教授は、

「新型コロナ対策が求められるなか、アバターの導入で温かみのあるオンライン卒業式が実現できてうれしい。この取り組みが、卒業式や入学式の開催に悩む教育機関の皆さまの参考になれば幸いです」

と話した。

卒業ガウンと帽子をまとい、すっかり卒業生の「分身」に
卒業ガウンと帽子をまとい、すっかり卒業生の「分身」に
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中