2020年 6月 1日 (月)

仕事もそろそろ「コロナ疲れ」かも...... 在宅勤務でのメンタルコンディションを保つ方法(くぼた茜)

印刷

   この1か月間に、テレワークを取り入れる企業が非常に増えましたね。

   そのためのシステムがどんどんと導入され、新型コロナウィルスの影響でまるで時代が早送りされるかのように進んでいっています。

   そして、いざ在宅勤務が始まると......。

朝満員電車に乗らなくていい!
余計な会議がなくなって時間が有効に使える!
ある程度、自分で時間をコントロールできる!

などの、うれしい声が多くあり、今後の働き方は大きく変わっていきそうです。

  • 在宅勤務の人も、そろそろ「コロナ疲れ」かも……
    在宅勤務の人も、そろそろ「コロナ疲れ」かも……
  • 在宅勤務の人も、そろそろ「コロナ疲れ」かも……

仕事の合間に散歩 しっかり日光を浴びよう!

   とはいえ、在宅勤務に慣れてきたことで、反対に家から出る機会や人と関わる機会が少なくなり、そろそろ、これまでとは違ったストレスを感じてらっしゃる方が増えてきているころかと思います。

   外出は自粛しても、心のコンディションまで自粛してしまう必要はありません。心のコンディションは、いつでも自分で整えていきましょう。

   在宅勤務になると、駅まで歩く必要も、駅から会社までを歩く必要もなくなります。カラダのコンディションが落ちると、心のコンディションも連動して落ちてしまいがちです。

   仕事を始める前や合間の日中に散歩、ウォーキングを行うことでカラダを軽く動かし、しっかり日光を浴びる時間をつくることが大切です。

   日光を浴びることでセロトニンが生成され、そうすると精神が安定し一日の生活リズムもよくなりメンタルコンディションが自然と整います。

   カラダを少しでも動かすことで、心の鉛(なまり)もカラダの鉛(なまり)と一緒にほぐれますよ。

   脳の動きも活性化します!

くぼた 茜
くぼた 茜(くぼた・あかね)
1987年生まれ。Bloomer's Salon代表。ON+OFF認定メンタルトレーナー
10代から地方でモデルとして活動。その後、ユニット活動で海外・日本全国のイベントに出演したほか、テレビCMや雑誌・新聞などで活躍した。しかし上京後、芸能界で活動する中でさまざまな緊張やプレッシャー、人間関係などのストレス負荷を受け、耐えきれずに挫折。メンタルヘルスの大切さを実感した。その経験を生かして、現在はメンタルトレーナーとして活動している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中