2020年 10月 20日 (火)

【襲来!新型コロナウイルス】海外は「手遅れ」とバッサリ! 「緊急事態宣言」は人命より経済を優先した安倍首相の「賭け」だ

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   新型コロナウイルスの感染拡大で、安倍晋三首相がようやく「緊急事態宣言」に踏み切りました。

   2020年5月6日までの1か月間、東京や大阪など7都府県が対象ですが、「いよいよ出るぞ!」と身構えていたわりには「飲食店も理髪店も営業OK!」「在宅勤務も可能な範囲で」と、これまでの「自粛要請」とあまり変わらないような......。

   そんな日本の緊急事態宣言を、海外メディアは「Too little Too late!」(手遅れ!)と、バッサリ! 大胆な対策を次々と打ち出している他国首脳と比べて、「煮え切らない」安倍首相の姿が浮き彫りになったようです。

  • 「緊急事態宣言」で安倍首相は「賭け」に出たのか?
    「緊急事態宣言」で安倍首相は「賭け」に出たのか?
  • 「緊急事態宣言」で安倍首相は「賭け」に出たのか?

英紙が指摘、「通勤電車」を放置すれば感染拡大?

   日本国内で新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、世界中が「いつ出るか」と注目していた緊急事態宣言。安倍首相の会見後、海外メディアが速報で報じましたが、「遅すぎる!」「効果が期待できるのか?」と、その内容を疑問視するトーンが目立ちました。

   各国メディアがこぞって使った「英語」は......。

Japan finally declared a state of emergency. But it's too little, too late
(日本がとうとう緊急事態宣言をしたが、「手遅れ」だ:カナダのネットニュース)
Too little too late:手遅れ、少なすぎるし遅すぎる

   とにかく「Too little too late」と評したメディアが多かったのですが、「今さらこれだけではどうにもならない」、すなわち「手遅れ!」という意味です。

   まず、他国が採用している「ロックダウン」と比較して、飲食店や理髪店の営業が認められていたり(制限付きで)、違反をしても法的強制力がなかったりなどの内容が「Too little」(少なすぎる=制限が弱すぎる)と批判されています。

   なかには、「国民の自主的な努力」には限界があり、在宅勤務に取り組む企業も限られていることから、「このまま満員電車を放置すれば、日本がホットスポットになる」と警告するメディアもありました。

Japan could be next coronavirus hotspot as commuters pack onto trains
(通勤者が電車に缶詰になったままでは、日本はコロナウイルス感染源になるだろう:英紙メトロ)

   海外から見たら奇妙な光景に映るかもしれませんが、このご時世、満員電車に乗りたくて乗っている人なんているわけありません!

   なぜか当初からスルーされてきた「通勤電車」のリスク。「外圧」でもなんでもいいから、声を大にしてアピールしたいところです!

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中