2020年 6月 3日 (水)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】ドライブスルーPCR検査のテント提供、WEBでメンタルケア続々

印刷

   新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言には、医療現場の負担軽減を図る目的もある。

   医療従事者の疲労や緊張の高まりの緩和に役立てば、と企業からもサポートの提案が続いている。

  • よりスピーディーな検査対応が可能に
    よりスピーディーな検査対応が可能に
  • よりスピーディーな検査対応が可能に

安倍首相も検討に言及「ドライブスルー」PCR検査

●医療従事者や来院者の安全を守り、より速く

   イベントの企画制作・運営管理や会場の設計施行、設備レンタルを行うTSP太陽株式会社(東京都目黒区)は、新型コロナウイルスなどの感染症の検査や外来受付など、従来のオペレーションで想定されていない作業を迅速かつ安全に行えるよう、来院者がクルマに乗ったまま利用できる、テントを活用した「ドライブスルー型PCR検査所」のレンタル提供を始めた。

   検査を行う医療現場での感染のリスクを抑えて、医療従事者や来院者の安全を守ると同時に、よりスピーディーな検査対応が可能になる。

   屋外のスペースに設置したテントの内部に必要な設備をそろえ、来院者はクルマのまま内部に進んで検査を受ける。

   テントは軽量で持ち運びが容易。病院内敷地や道路上など場所を問わずに設置できる。また来院者の規模、設置場所などの状況に応じた調整にも応じられ、車両検査窓口を増やすこともできる。

   安倍晋三首相は緊急事態宣言を発した4月7日に出演したテレビ番組で、PCR検査の拡大について、「ドライブスルーも含め検討したい」と述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中