2020年 9月 23日 (水)

【日韓経済戦争】コロナ禍でも日本製品の不買運動続く韓国 任天堂ゲーム「どうぶつの森」が異常なブームになる理由は?

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   新型コロナウイルスの猛威の中でも、依然として日本製品の不買運動が止まない韓国にあって、異常なまでに人気を集めている日本製品がある。

   任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」だ。価格が急騰して品切れ状態となっているという。いったい何が人気を集めているのか。韓国紙で読み解くと――。

  • コロナ禍のなか、韓国でニンテンドーのほっこりした癒しゲームが人気(写真はイメージ)
    コロナ禍のなか、韓国でニンテンドーのほっこりした癒しゲームが人気(写真はイメージ)
  • コロナ禍のなか、韓国でニンテンドーのほっこりした癒しゲームが人気(写真はイメージ)

戦いや残忍な場面がない、ただ島で動物と暮らすゲーム

ニンテンドースイッチの人気を伝える朝鮮日報(2020年4月10日付)
ニンテンドースイッチの人気を伝える朝鮮日報(2020年4月10日付)

   「ニンテンドースイッチ」の人気を報じているのは朝鮮日報(2020年4月10日付)「韓国でニンテンドースイッチが高騰」だ。こう伝えている。

「任天堂の家庭用ゲーム機『ニンテンドースイッチ』が新型コロナウイルスによる影響で世界的人気を集めている。2020年3月20日に発売されたゲーム『あつまれ どうぶつの森』はコロナ事態による巣ごもり需要が広がるなか、親子で楽しめるゲームとして注目を集め、価格が急騰し、品切れとなるケースも出ている」

   36万ウォン(3万2100円)だったニンテンドースイッチの価格は、70万ウォン(6万2300円)近くまで上昇。「どうぶつの森」のデザインの特別版には90万ウォン(8万100円)の高値が付いた。販売店では番号札を受け取った人が長蛇の列を成し、「マスクを買うより大変だ」という声が漏れるほか、新製品を購入して高値で転売する「ニンテク(任天堂と財テクの造語)」という新語まで生まれているという。

   いったいどんなゲームなのか。朝鮮日報が続ける。

「『どうぶつの森』は任天堂のロングセラーだ。これまでにシリーズ8作目まで発売された。ゲームの特徴は目標やエンディングがないことだ。敵と戦う場面も残忍な場面もない。無人島に住み、森の動物と対話し、釣りをしながら、好きなように島を作っていく単純な内容だ。特定の季節や時間にだけ行われるイベントがあるほか、毎日少しでも管理しなければ、雑草だらけになったり、家の中のゴキブリが発生したり、野菜が傷んだりする......」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中