2020年 6月 5日 (金)

コロナ禍で「未経験ゾーン」の21卒就活 聞いて! 今、わたし「こんな感じ」だけど大丈夫かな......(叶多凛)

印刷

   新型コロナウイルスの影響が、わたしたちの想像をはるかに超えて広がっている。2021年卒業・修了予定の学生たちの就活にも、その影響がじわじわと出てきている。本来なら、企業説明会や面接で忙しいはずの3~4月も、感染予防のためにイベントの開催中止や延期、WEB上での対応に切り替えられている。

「なんだか想像していた就活とは、全然ちがうものになってしまった......」

   そんなふうに思わずにはいられないほど、変化も衝撃も、影響も大きい。どうやら今年の就活生は、後にも先にもだれも経験しないであろう就活に挑むことになってしまったみたいだ。

  • WEB面接で、うまく話せなかった……(写真はイメージ)
    WEB面接で、うまく話せなかった……(写真はイメージ)
  • WEB面接で、うまく話せなかった……(写真はイメージ)

真っ白な4月のスケジュール、結構ツライ......

   コロナウイルスの影響を受けて、「今、就活はどのように変化しているの?」「みんな、どうしているの?」と気になる人も多いだろう。

   ぶっちゃけ言うと、わたしが知りたいくらいである。わたしも、他の就活生がどのように動いているのか正直わからない。そんな状態ではあるが、ここはわたし自身の今の状況を、つらつらと書いていこうかと思う。あくまで一例なので、もっと違う状況の就活生のみなさんもいるだろうけど、あしからず。

   まず、変化その一。合同説明会や、対面での企業説明会がなくなった。特に、4月中にあるはずだった企業説明会は軒並みキャンセルに。スケジュール帳の4月のページは見事に真っ白になった。

   そして、この状況への対応策として増えたのが、WEB上での資料提供や動画配信による説明会である。こんな状況だし、感染予防のためにはベストな解決策だと思うのだけれど......。どうしようもないことはわかっているし、しょうがないこともわかっているけれど、一つだけ聞いてほしい。

   わたしは自分のことをわりと、アナログな人間だと思っている。機械に弱い、とかそういう意味ではなくて、直接人と会うのを重視するという意味において、である。そんな私にとって、この「直接会社に行って雰囲気を感じることができない」というのが正直、結構キツイのだ。

   「その場に行ったからこそわかる雰囲気」だったり、「自分に合っているか、合っていないかという肌感覚」って、やっぱりあるとわたしは思うのである。パソコンの画面越しの企業説明会では、「目に見えない会社の情報」を得ることができない。なんだか終始モヤモヤして、その会社のことがイマイチつかめないまま、まるで何かの「作業」のように説明会は終わっていく。ココロここにあらずという感じである。

   わたし的には、やっぱりこの状況は結構つらいなあと思う。

鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
現在、東京都内の難関私立大に通っている3年生。現役就活生として、今まさに就職活動中の立場だからこそわかる、最近の就活の実態をつまびらかにしていきたい。
自分と同じ、来春(2021年)卒の学生には共感の場を、これから就活を控える2022、23年卒の学生には、就職活動にはびこる企業の体裁と内情の乖離を、正確に把握するための機会になれば、と思う。
そして、意中の企業に就職して、すでにキャリアを積んでいるであろうビジネスパーソンさんには、さまざまな企業の採用戦略をエンターテインメントとして読んでいただければ、うれしい。
kaisha_20200313181339.png
叶多 凛(かなた・りん)
現在、東京都心から少し離れた自然あふれる私立大学に、のびのびと通う4年生。「学部4年生×就活生」というのはいささか不思議に思われるかもしれないけど、そうワケありである。
現役就活生として、シューカツのあれこれを率直に書いていきたい。就活に励んでいる「同士」には、「あるある」と思わず膝を打つような、まだまだ就活なんて!という学生には、シューカツの一端を覗いてもらえるような。そんな内容にできればといいな、と思う。
テーマは「就活も楽しむ!」。いろいろな企業に赴き、さまざまなビジネスの話を聞くことができるのは、就活生だけの「特権だ!」と思っている。そんなふうに就活できたら、イヤな面接官も撃退できるかも。なんて考えている。
得意なのは、英語。今夏の東京五輪・パラリンピックでは、世界中から訪れる報道陣の手助けをするインターンシップにも登録。こちらも、ガンバル!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中