2020年 6月 3日 (水)

ドル、もう1段下落するかも!? ジャンクボンドまで買い取る米FRBの驚愕の政策(志摩力男)

印刷

   新型コロナウィルスの感染が欧米にも広がり始めた2020年2月末以来、外国為替市場は大混乱でした。

   ドル円相場では、1ドル=112円台から一気に101円18銭前後まで急落。しかし、そこからドルはV字を描くように急反発して111円71銭前後まで上昇。そして再びドルは軟化して、現状は107円台前半です。

   このジェットコースターのような上がったり下がったりで、多くのトレーダーは本当に惑わされました。

  • ドル、もう1段下がるかも……
    ドル、もう1段下がるかも……
  • ドル、もう1段下がるかも……

株価下落なのにドル上昇のワケは......

   ドル円相場が下落したことは理解できます。株式市場が急落し、FRB(米連邦準備制度理事会)は大きく金融緩和を進めると思われたからです。実際、FRBは3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)を待たずに、2回利下げしたのでした。

   しかし、ドル円は3月9日に1ドル=101円18銭を付けたのを境に、10円以上高騰しました。なぜ、これほどドルは上昇したのでしょうか――。

   それは株価が急落したことで、金融市場は「危機モード」に入り、決済通貨としてのドルを確保したい動きが強まったからと言えます。

   いくつかに理由を分けるとすると、

(1)ドル円をショートにしていたヘッジファンドが株価急落故にポジション縮小を迫られた。
(2)金融危機時にはどうしてもドルが必要となるため、各企業・銀行はドルの調達を一気に進め、その影響で短期金融市場は1.5~3.0%へとドル金利が上昇した。
(3)原油価格の急落でメキシコペソが狙い撃ちされ、メキシコ中銀は市場介入(ドル売りペソ買い)をしてペソを支えました。その結果、外貨準備に占めるドルの割合が小さくなるため、市場でユーロ売りドル買い、円売りドル買いと言ったオペレーションをせざるを得なくなったこと。
(4)最も大きな理由として、不要になった為替ヘッジの買い戻しがあります。

   海外投資家で米国株に投資している人の中には、為替ヘッジをして参加している人もいます。今、急激な急落により、米国株の時価総額全体が急激に減少しました。それゆえ、従来まで「10」必要だった為替ヘッジが、今では「7」しか必要でなくなり、そのため消えた3割分の買い戻しが迫られました。

   要するに、緊急を要する局面であったから、ドルを買ったまでです。

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中