2020年 9月 19日 (土)

オンラインもオフラインと同じでいいの? リモートワークファッションを考える(入澤有希子)

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、「リモートワーク」で勤務している方も多くいらっしゃると思います。

   リモートワークで外出しない代わりに、オンライン会議が増えたりして、それはそれで何を着たらいいか悩んでしまうのではないでしょうか。きょうは、リモートワークの服装のポイントをお伝えしていきます。

  • リモートワークの服装って、意外と気を遣うかも……
    リモートワークの服装って、意外と気を遣うかも……
  • リモートワークの服装って、意外と気を遣うかも……

家にいるからこそリラックスした格好がいい?

   朝起きて、一日家にいるならパジャマや部屋着など、楽な格好のままでいいのかもしれません。ですが、いまやオンライン会議は相手に会うのと同等の意味を持ち始めました。相手に合わせた気の遣い方ができるとビジネスとしてはスマートではないでしょうか。

   世間では、リモートワーク中にどのような服を選んでいるのか、リサーチしてみました。

「カメラがオフの時は、Tシャツにヨガウエア、オンライン会議でカメラをオンにするときだけ簡単なメイクをしています。」
「運動不足になるし、むくまないように着圧ソックスを履いています」
「顔出ししない日は部屋着のままです」
「ミーティングの相手が社内の時は少しラフですが、社外の相手の時は襟付きのきちんとした格好です」
「講師という立場なので、スーツまたはジャケットですが、カメラに映らないボトムは楽にしていることも」

   オンラインでもTPOに応じて服を使い分けている点は、出勤していた頃と変わらないようですね。オンラインとはいえ、ビジネスシーンなので、相手の信頼を得る服装はとても大事ですね。

   ただ、リモートワークならではだと思ったのは、着圧ソックスを履く、カメラに映らない時はノーメイクやラフな格好、カメラに映る時でもボトムだけラフ、という働く服装を快適にする工夫の幅が広がっていることでした。

   一方、「気持ちを切り替えるために、ちゃんと仕事着に着替えている」という声もありました。ずっと家で過ごすという同じ環境が続くわけですから、気持ちを切り替えようと思ったら服の力を借りるのもいいと思います。

   私たち日本人は、入学式や卒業式、成人式や入社式のように、物事の区切りを大切にし、ふだんと違う服装をする文化があります。衣食住という言葉は日本以外にもありますが、日本は「衣」が最初にきています。着るものを大切にし、着るもので気持ちを変えたり整えたりすることを意識してみると、リモートワークの仕事にも、より集中できるのではないでしょうか。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中