2021年 9月 21日 (火)

【ステイホームは本を読む!】コロナ疲れ? こんな時には「ゆるふわ」で自分らしさを見つけてみよう(尾藤克之)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

オーソドックスな自己肯定感を理解できます

   「自己肯定感」は、「私は私、あなたはあなた」というフレーズを毎日くり返すことで効果が高くなります。それは、決意表明をしているからです。決意表明によって、自分と他人との間に境界線を引くことができます。何があっても「それでいい、それが私。それも私」と受け入れれば、気持ちも楽になります。

   自己肯定感は2016年ころからブームとなり、いまや人気のあるジャンルになりました。しかし、この本は2014年に出版されています。葵井さん自身も当時は「自己肯定感」という言葉を知らなかったかもしれませんが、この本に書かれていることは紛れもない自己肯定感メソッドです。

   自己肯定感ブームが到来することを予見していたかのような仕上がりには、驚きを禁じえません。

   また、本書は一般的な実用書やビジネス書とは構成が異なります。ストーリーを読み続けると、感覚的にすごくわかりやすく腹に落ちるビジネス小説に近いものです。

   そのストーリーも、ラブストーリーや悲喜こもごものドラマがあり、小説として読んでも差し支えありません。こんな自粛の時だからこそ、生き方、考え方、感じ方を再認識できるそんな本です。

   蒼井さんの指摘する「ゆるふわ」とは、どういう意味なのか? どう実践したら良いのか? 力を抜いて自分らしく過ごす方法を見つけることができるはずです。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中