2021年 9月 19日 (日)

ビットコイン相場の流れをつかむ 明大が順調スタート コロナ自粛でも大事なこととは?【カソツー大学対抗戦 第2週】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ビットコインが急騰している。5月に入って、約2週間後に迫ってきた半減期(ビットコインの新規発行を抑えるために採掘報酬を半減する、そのタイミングのこと)への期待の高まりが感じられる。新型コロナウイルスの感染拡大で株式市場などが大混乱するなか、そういったリスク回避の資金を仮想通貨市場が吸収して、がんばっている。

   明治大学のITが、その流れをつかんで仮想通貨デビューに花を添えた。

  • 明治大学が順調なスタートを切った
    明治大学が順調なスタートを切った
  • 明治大学が順調なスタートを切った

ビットコイン、いきなりの急騰にビックリ!(明治大学)

4月28日(火)

   先日、ようやく残高が反映され、いよいよ取引が可能になりました。1万円分のビットコイン(BTC)が入ったアカウントを見ると、いよいよ長い戦いが始まるのだなと感じます。

   さて、とりあえず仮想通貨の代表格、最近のビットコインの状況を見てみようと思います。最大の動きは、やはり2020年3月12日19時頃から始まった、仮想通貨市場で近年類を見ないビットコインの大きな暴落です。24時間でマイナス45%という歴史的な暴落でした。その原因は言わずもがな、新型コロナウイルスですね。この影響で、世界各国の株式市場は暴落。特にWHO(世界保健機関)のパンデミック宣言以降、ビットコインは大きく価格を下げました。しかし、下がりに下がったからでしょうか。その後は堅調な上昇トレンドになりました。

◇ビットコイン6時間足チャート

   上図の緑色の線をご覧いただくとわかりますが、3月12日の底値から順調に上がっています。さらに、で青く囲った部分をご覧ください。これは、2019年11月21日から20年1月6日までのレンジ相場ですが、この相場のレジスタンスライン(=上値抵抗線。相場がその水準よりも上昇しないと思われる水準のこと。ここでは、7600ドル。81万3694円)を強く意識している個人投資家が多くいました。

   彼らは、このレジスタンスラインを超えればさらに堅調に上昇していき、超えなければ(レジスタンスラインから跳ね返れば)再び大きく下落するだろうと予測したのだと思いました。

   そうして20時現在の価格は1BTC=7746ドル(82万9325円)。7600ドルを超えています。ということで、4月28日21時20分、40枚(40米ドル=4300円分)で成り行き買いのポジションを組み、利食いの価格は8200ドル(87万7933円)に設定しました。

   さあ、ここからどうなるのか......。正直、週足で見ると6週間連続で陽線(始値に比べて終値が高かった場合に示される線)ということで、そろそろ調整される頃ではないか、という不安もありますが、上昇トレンドを信じて買いました。

4月29日(水)

   それまで横バイだった相場が、12時頃から急騰し始めました。そうしてあっという間に21時に8200ドル(87万3712)で決済しました。23時になっても価格はとどまるところを知らず、上がり続けています。

   ただ、もうずっと陽線が続いているので、いつ調整が入るか分かりませんし、これだけ急激な高騰だと、急激に下げてくる可能性もあるので、ここは我慢して調整されるのを待ちます。 仮想通貨取引が始まってまだ数日ですが、いきなりの急騰。正直びっくりしました。このままの調子で、まだまだ頑張ります!

◆ 児山将のワンポイント・アドバイス

   市之瀬さん、順調なスタートを切りました。上昇トレンドに素直に乗り、半減期まで2週間に迫ったビットコインが本格的に上昇を始めた初動を掴みました。三角保ち合いの上抜けから始まるトレンドに乗り、5%以上の利益を獲得しました。

   2月末から3月までの価格帯に92~98万円があるため、ここまで見込んでも良かったのかもしれません。

   さて、4月29日は13万円もの上昇を見せ、95万円まで値を伸ばしたビットコイン。この上昇の最中に、「ここまで上昇したらもうすぐ反落するだろう」と考えた個人投資家が売り向かい損失を出してしまった日でもありました。コロナ自粛も、相場でも我慢が大事ですね。

前週からの損益  プラス178円
5月1日現在     1万178円

ガツガツ行くぜ!(中央大学)

   初めまして カンタロと申します。

   経済学部に所属しているものの、専門は社会学系ということもあり、完全に専門外な状況の中で、仮想通貨投資を始めることになります。

   フリーハンドとのことですが、まずは一番有名な銘柄から。コインチェックに登録し、ビットコインへ1万円の入金を試みました。が、しかし......。

   本人承認の確認が取れず、入金ができていない状況......。出鼻を挫かれた感じです。

   そのため、運用額はゼロ円ということになります。

   なので、最新のニュースを追った感想を少し。

   ビットコインに関しては、4月最終週で80万円強程だったのが、今週に入り90万円台後半までの値上がりが見られました。半減期に向けての上昇が見られています。コロナ禍の中で、政治貨幣と比較したうえでの信頼度から、採用ニーズが高まり、需要が加速していく傾向にあると思われるので、今後の動向を注視していきたいと考えています。

   まだ、初心者ということもあり、専門的な批評はできませんが、本人確認が取れ次第、ガツガツ進めていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

◆ 児山将のワンポイント・アドバイス
学生投資家さんは、口座開設の壁がありますよね。仮想通貨は、基本的に年齢制限がないため、証券やFX口座よりも開設はスムーズかと思います。 さて、法定通貨の信頼性と仮想通貨を比較されていましたので、どの法定通貨で仮想通貨が取引されているかを知っておきましょう。
1位 米ドル:75%
2位 日本円:15%
3位 ユーロ:3.5%
4位 韓国ウォン:1.7%
5位 トルコリラ:1%

(参考:Coinhills )
現在は、圧倒的に米ドルでの取引が大きくなっており、給付金と同額である1200米ドルの入金が多い という話まであります。かつては、日本円が50%を占め、次に米ドル、そして韓国ウォンとなっていましたが、様変わりしています。ただ、トルコリラやロシアルーブル、ブラジルレアルなど、高金利で金融危機の際に売られやすい法定通貨での売買が盛んにされている様子がわかります。今のような危機的状況に、仮想通貨の真価が発揮されていると言えそうですね。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
5月1日現在           1万円

● 様子見を継続 来週に備える(慶應義塾大学)
仮想通貨市場は上向きが続いているようですが、ここはじっくり攻めたいと思います。今週(4月27日週)も慎重を期して様子見です。

1万円からの損益 プラス・マイナスゼロ
4月24日現在 1万円

● 今週は取引を見送りました(専修大学)
仮想通貨は好調なようですが、今週は多忙のため、取引できませんでした。

1万円からの損益 プラス・マイナスゼロ
4月24日現在 1万円

プロフィール
明治大学 IT
法学部2年、群馬県出身。多少のFX経験はありますが、仮想通貨は未経験です。
好きなミュージシャンはThe 1975とColdplay。好きな作家は村上春樹とさくらももこ。未熟な部分も多いですが、温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願い致します!
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部3年。2年連続の参戦で、2連覇を目指す。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は約2年で、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。
仮想通貨で現金100倍! が目標。
専修大学 ゆう
経済学部3年。投資研究会TAMAGO所属。仮想通貨取引で失敗を経験している。趣味は散歩。ほかの大学の方々を参考にしたり話したりしたいと考えている。
群馬県出身。
中央大学 カンタロ
親が株式投資を少しかじっている程度で、私自身は初心者です。もちろん、仮想通貨も未経験なので、少しずつ運用に慣れ親しんでいきたいと思います。
趣味は漫才とチェス。
職業能力開発総合大学校 さっちん
電気専攻3年。飛び入り参加をすることになりました。残り時間は少ないですが、奮戦していきたいと思います!
友人とはよくボードゲームなどをしています。仮想通貨取引は初心者ですので、お手柔らかにお願いします!
将来は、田舎に篭って釣りでもして静かに生きていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中