2020年 12月 6日 (日)

【株と為替 今週のねらい目】ドル売り進む? 新型コロナの発生源めぐり、米中対立再び(5月11日~15日)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ステイホーム週間」が終わった日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が2020年5月31日まで「緊急事態宣言」を延長。一方、欧米では外出自粛などの制限が緩和され、経済活動をゆるりと再開した。経済活動の正常化への期待が、今の株式相場を下支えしている。

   ただ、米国の新型コロナの感染による死者数はペースが緩やかになったとはいえ、楽観はできない経済活動の再開に慎重な州も少なくない。そうしたなか、新型コロナウイルスの発生源をめぐり、米中が対立。両国の貿易摩擦への懸念が再燃しており、緊張感が高まっている。ドル売りが進む可能性がある。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米中対立再び!
    米中対立再び!
  • 米中対立再び!

東京株式市場 あるか!? 緊急事態宣言の早期解除

日経平均株価予想レンジ:1万9500円~2万500円

   2020年5月8日(金)終値 2万179円09銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値を試す展開か。

   前週の日経平均株価は、堅調に推移して2万円台を回復した。原油価格の反発や新型コロナウイルス治療薬として「レムデシビル」の認可、欧米での経済活動の一部再開などが相場の上げ材料になったほか、4月の中国貿易統計の改善も好感された。

   今週の日経平均株価は、上値を試す展開となりそうだ。直近高値となる4月30日の2万365円を上抜けるようだと2万500円程度まで上昇する可能性がありそうだ。

   欧米での経済活動再開の動きが相場の下支え要因となっている。政府は5月31日まで緊急事態宣言を延長したが、14日までに状況を分析のうえ、解除を前倒しする可能性もあるとしていることから、もし緊急事態宣言の解除が早まるようであれば、相場の上昇要因となりそうだ。

   ただ、今週は主要経済指標の発表が多いため、結果には注意が必要だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中