2021年 9月 23日 (木)

【尾藤克之のオススメ】何でも持ち込みできる期末テスト!? あなたはなにを持ち込みますか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

リズムのよい読みやすさ

「『じつは俺、単位がギリギリなんよ』。『うん、知っているよ』と高橋くん。『このテストはなんとか受からんといけんのよ』。高橋くんは嫌な空気を感じたらしく後退しようとしました。そこで高橋くんに言いました。『そのテストは何でも持ち込み可なんだよ』。そして、こう切り出します。『俺は、高橋を持ち込む!』と」

   結果的に、高橋くんを無事に試験会場に持ち込み、解答はすべて書いてもらったそうです。そして、無事に4年で大学を卒業することができました。柔軟性を持った発想が生み出してくれた楽しい経験だったと、大塚さんは解説します。

   やはり、人生は楽しむべきですね。

   本書では、著者の人生で学んだこと、感じたことが多くの人々に使える形で書き記されています。私たちがいつの間にか忘れてしまっている大切なものを、思い出させてくれます。バリバリの広島弁のリズムが印象的で、その場の情景が浮かぶようです。

   一見すると、自己啓発ですが、ビジネスに転用できるものが多く参考になります。悩んで立ち止まってしまったとき、この本を開いてみてください。おもしろおかしく、それでいてハッと気付かされるエピソードは、歩みを進める勇気を与えてくれます。

   本当に大切なことを思い出させてくれる、自由な生き方をしたい人に読んで欲しい本です。

   なお今回、初出版の夢を実現させた、大塚慎吾さんの前途を祝します。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中