2020年 10月 20日 (火)

【襲来!新型コロナウイルス】10万円給付の申請「受給を希望しない」と勘違いチェックする人続出!間違いを誘発する「トリック」に怒りの声殺到

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   国民1人あたり10万円の特別定額給付金の手続きが始まったが、思わぬトラブルが続出している。

   郵送されてくる申請書には「受給を希望しない」というチェック欄があり、「希望する」という欄と勘違いして、チェックを入れる人が増えている。

   そもそも、なぜこんな紛らわしい欄をつくったのか? ネット上では「あえて間違いを誘発させる狙いがあるのでは」とまで憤る人が多い。くれぐれも申請書にはよく目を通そう!

  • 10万円給付を楽しみにしている人が多いが(写真はイメージ)
    10万円給付を楽しみにしている人が多いが(写真はイメージ)
  • 10万円給付を楽しみにしている人が多いが(写真はイメージ)

きっかけは河野太郎防衛相の「注意喚起」ツイッター

    ことの発端は2020年5月14日、河野太郎防衛大臣が自身のツイッターで、こう呼びかけたことだった。

「定額給付金の申請書の『希望しない』に勘違いでチェックをつける人が多いようです。間違いないように気をつけましょう」=写真参照
河野太郎防衛相のツイート
河野太郎防衛相のツイート

   これを受けて、多くのメディアがこの問題を取り上げた。毎日新聞(2020年5月19日付オンライン版)は「特別定額給付金の申請 『希望しない』の勘違いチェックに注意」で、こう伝えている。

「政府が行う1人10万円の特別定額給付金の手続きで、誤って受給を辞退してしまうケースが懸念されている。郵送申請書の記入が分かりにくいため、勘違いをして『受給を希望しない』の欄にチェックしてしまう人が少なくないとして、自治体が注意を呼びかけている」

   問題になっているのは、郵送申請書の表面にある「給付対象者」の部分だ。同一世帯の給付対象者全員の名前と生年月日が印字されているが、名前欄の右側にチェック項目がある。「給付金の受給を希望されない方は×印(市区町村によってはレ印)を御記入ください」と記されている。

   この項目を「受給を希望する方」の確認だと勘違いして、誤って×印(レ印)を記入してしまうケースが続出しているという。

   東京都練馬区でも、公式ホームページで2020年5月18日、郵送申請にあたっての注意点として、最初の項目に大書して「給付対象者のチェックボックスは特別定額給付金を希望しない方のみチェックしてください。特別定額給付金を希望する方はチェックしないでください」と呼びかけたほどだ=写真参照

練馬区の公式ホームページの注意
練馬区の公式ホームページの注意

   郵送申請書は、総務省の見本を基に各自治体が作成している。申請書には最初から家族の名前と生年月日が印刷されており、受給希望者は名前の誤りなど修正がなければ特に記入の必要はない。同一世帯の中で辞退者を個別に設定できるようにチェック欄が設けられたのだった。だが、下段にある受け取り方法の欄では、金融機関の口座種別に印をするようになっていることもあり、勘違いの原因になっているようだ。

   毎日新聞によると、総務省特別定額給付金室の担当者は「受給の希望者が印をつける様式も検討したが、チェック漏れが多くなると判断して現在の様式になった」と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中